アルコール濃度71%、嘘でした

実際は5~30%だった

マスクも値崩れして、いよいよアルコールの商品も在庫がダブついているそうな。

まあ、マスク同様、消毒用アルコールも売れに売れたらしいです。

 

品薄ってか、未だエタノール原液はなかなか手に入らないんですよね。

普通に生活してたら、エタノール原液なんて絶対買わないと思うんですけどね・・・

 

それはさて置き、ここ最近はマスクが箱済みで売られているのと

同時に、やたらとアルコールジェルが売られていました。

ジェルだと使いにくいから嫌だなーと思って買わなかったのですが、

なんと、その商品が濃度を偽装していたって話題になるとは!!

 

だったら、買ておけばよかったなー。ネタ用に。

 

記事の内容は、「アルコール71%配合」と容器に表示しながら、

実際には5~30%程度の濃度しかなく、メイフラワーって輸入業者が

行政処分を受けたとのこと。

 

この商品はメイド イン コリア、韓国産です。

じゃあ、しゃあないですね。

ぶっちゃけ、珍しい話ではないです。

日常茶飯事っすよ。いや、ホントに。

 

中国にネジを頼んだら、半分くらいは不良品がくる。

韓国に頼んだら、クギがくる。ネジですらない物が来る。

挙句に賠償金を請求される・・・

なんてことが言われるくらいです。

 

一種のジョークではあるんですが、強ち冗談ってわけでもないってのが

現実としてあるわけで、それくらいの覚悟はしとけってことです。

 

 

さてさて、5~30%とえらい幅があるな、と思った人は多いと思いますが、

なんでこんだけブレるかというと、簡単な話でエタノールは揮発性が高い液体。

ジェルに加工する際に、撹拌するわ、熱かけるわとするわけで、

エタノールが蒸発するんすわ。

 

そもそも、エタノールをジェル状にするってことに無理があるわけで。

 

また、容器によっては、置いておくだけで揮発してしまうので、

保存状況によって濃度が低下してしまうわけです。

 

もしかしたら、原料としては71%入れていたかも・・・

いや、ないか。さすがに歩留まりが50%とかヤバすぎだろ。

 

 

まあ、今回判明した件は、氷山の一角でしかないってのは

肝に銘じておいて欲しいところです。

 

 

【関連記事】

韓国のメーカーらが一斉摘発

 

<<<前              次>>>