ホーム<ブログ


薬機法の改正

そういえば、8月からだったな

続きを読む

原料人気ランキング

弊社で販売している原料のランキング

続きを読む

ナイアシンアミドの悲しい結末

ナイアシンアミドのサンプル配布の結果

続きを読む

ワクチンで副作用が起こる理由

当たり前の話ですが。。。

続きを読む

オリザセラミドからヒト型セラミドが見つかる

第3の保湿成分「Elasticamide」

続きを読む

セラミドを増やす!?トウセンダン果実エキス

セラミド産生促進作用が見つかる?

続きを読む

精神的疲労に効果がある!?

精神的疲労回復効果で機能性表示食品!?

続きを読む

カテキン

お茶に含まれている有効成分の1つ

続きを読む

高濃度セラミドはヒリヒリする?!

それ、セラミドじゃなくて界面活性剤のせい

続きを読む

パソコン、壊れる

とうとう、逝かれてしまいました・・・

続きを読む

ナチュセラローションに溶けないAgeCap

思ってた以上に上限いっぱいみたい

続きを読む

セラミド1が表示の一番最初に来ている謎

単純な間違いなのか、悪意のある偽装なのか

続きを読む

クリステ

ミトコンドリアの活性低下が老化の原因!?

続きを読む

部外品のレチノールと高濃度レチノールは別物

ついつい濃いの使いたくなるよね

続きを読む

ナチュセラ凰 Q&A

たくさんのご質問、ありごとうございます

続きを読む

α-ガラクトシルセラミド

抗腫瘍活性が期待されるスフィンゴ糖脂質

続きを読む

CBDオイルが話題に

SNSで話題に・・・

続きを読む

エピジェネティクス

ロイヤルエピジェン P5

続きを読む

グリチルリチン酸2Kはセラミド産生を助ける!?

まあ、抗炎症成分はだいたいそうです

続きを読む

ナチュセラAAA

トリプルエース

続きを読む

くらげわさび

めっさ好きだったんですけど。。。

続きを読む

活性酸素のお話

化学のお勉強になります

続きを読む

UNIFINE、慢性炎症を抑える効果がある!?

万能すぎるのは困りもの

続きを読む

疑似セラミド、唇に効く

疑似セラミド、唇のあれへの効果を確認

続きを読む

個人的にヒトデブーム

海燕エキス

続きを読む

石けんシャンプー

個人的に苦手

続きを読む

革新的なクレンジングウォーター

資生堂が開発

続きを読む

グルコラファニンとは

アブラナ科特有の成分

続きを読む

ジュベンタイド

ヒトデ体腔液エキス

続きを読む

ストエチオール

フランスラベンダーエキス

続きを読む

鹿プラセンタ

馬と合わせて・・・

続きを読む

ジェネムクロック

ネムノキ樹皮エキス

続きを読む

mRNAワクチン

新型コロナウイルスのワクチン

続きを読む

ハピクロ

四葉のクローバーの抽出物

続きを読む

アデプルン

アルニカ花エキス

続きを読む

pHについて

pHについてのウンチク

続きを読む

ナチュセラクリームVer7.2

試作来た

続きを読む

ナイアシンアミド美容液(サンプル)

ナイアシンアミド美容液の使い方

続きを読む

高純度セラミド、どうなった?

植物セラミド、つまりグルコシルセラミドの話

続きを読む

シミに効く化粧品

そんなものは存在しない

続きを読む

ナイアシンアミドの効果を白黒はっきりさせたい

良い原料であるのは間違いないんですけど

続きを読む

いつまでコロナに振り回されるのか?

終わりの見えない戦い

続きを読む

新疆ウイグル人のジェノサイド、化粧品業界への影響

化粧品業界への影響を考察してみる

続きを読む

若返り化合物「NMN」を生産する乳酸菌を静岡大が発見

NMNが量産できるようになる!?

続きを読む

ナチュセラクリームの立ち位置

セラミド市場におけるナチュセラクリームの位置

続きを読む

iPS細胞を使った化粧品!?

ヒト肝細胞人工多能性細胞順化培養液

続きを読む

セラミド、また値上げ・・・

結構上げてくるからかなわんわ・・・

続きを読む

コラーゲンの選び方

コラーゲンを摂取するってのは意味があることです。

摂取したコラーゲンが直接コラーゲンになるってわけではないです。

コラーゲンが分解される過程で出てくるジペプチドが

コラーゲン合成を促進することで、コラーゲン量が増えるって

メカニズムになっています。

 

コラーゲンってのはタンパク質で、アミノ酸で構成されています。

消化吸収の過程で、コラーゲンはアミノ酸まで分解されるわけですが、

一部、ジペプチドないしトリペプチドの状態でも吸収されます。

ジペプチドってのはアミノ酸2個の状態、トリペプチドは3個の状態。

 

で、アミノ酸は20種類あり、そのうちの特定の組み合わせが重要になってきます。

正直、どの組み合わせがコラーゲン合成を促進するのかについては、

確定しているわけではないです。

 

1つはプロリン+ヒドロキシプロリン、もしくはヒドロキシプロリン+グリシンの

ジペプチドがコラーゲン合成を促進するといわれています。

ヒドロキシプロリンはコラーゲンにしか含まれていないアミノ酸なので、

コラーゲン合成に関わっているだろうとの推測のもと、でてきたやつです。

 

たしかに、このジペプチドが高配合されている原料は、

従来のコラーゲンよりも効果が高かったってなデータはでています。

 

もう1つはアラニン+プロリンのジペプチド。

こちらはDHCのスーパーコラーゲンと呼ばれるもの。

塗布でのデータはでています。

 

まあ、要するにコラーゲンを摂取する際に、

これらのジペプチドがどれだけとれるかってのが重要になってくるわけ。

続きを読む

ブログ アクセスランキング(2019年1月調べ)



ブログ アクセスランキング(2015年1月調べ)



ブログ アクセスランキング(2014年1月調べ)