触覚にかかわる「メルケル細胞」、表皮や真皮の老化に影響?!

メルケル細胞を活性化すれば、老化を予防できる?

ファンケルの研究で、メルケル細胞が外的ストレスなどで機能が低下し、

表皮や真皮の老化に影響を与えるかも・・・っていうのと、

機能性ペプチド(デカペプチド)がメルケル細胞を活性化、

オキシトシンの量を増やすことで老化を抑制する、という発表がありました。

 

どっかに論文だしてんのかな?

ちょっとその辺はわからん。

 

まずメルケル細胞とはなんぞやって話から。

1875年にメルケルが提唱した物理的な刺激や力の受容を担う感覚細胞。

そのことからメルケル細胞と呼ばれています。

魚類から哺乳類までと幅広く生物に存在しています。

簡単にいうと、皮膚の刺激を仲介して感覚神経に伝達する細胞です。

 

 

まずは酸化ストレスが及ぼすメルケル細胞への影響を調べるため、

ヒトメルケル細胞がん由来細胞株MCC14/23を使用。

まあ、メルケル細胞のがん細胞やね。

 

これに酸化ストレスを与えたら、機能性が低下したとのこと。

まあ、そりゃそうでしょう。

あくまで確認事項であって、メインは次の研究。

 

同じ細胞株であるMCC14/23を今度はデカペプチドを添加した結果、

オキシトシンの量が増えたという結果になったそうな。

 

デカペプチドってのはデカいペプチドではなくて、

デカ=10を意味しており、アミノ酸が10個つながったペプチドのこと。

アミノ酸は20種類あり、その組み合わせの数は無数にあります。

ですので、どのデカペプチドを使用したのかは不明。

 

現在化粧品原料として確認できるのは、

デカペプチド-2、4、10,12、18

 

 

オキシトシンとは、「幸せホルモン」だとか「愛情ホルモン」などなど、

さまざまな呼び名を持つ神経伝達物質。

幸せな時にたくさんでるホルモンで、逆にオキシトシンが血中で多くなれば

幸せな気分になります。

 

オキシトシンは老化を抑制することがわかっています。

オキシトシンと拮抗するホルモンであるコルチゾールは

ストレスホルモンと呼ばれ、ストレス化で多く放出されます。

このコルチゾールはオキシトシンの受容体を減らすことがわかっています。

結果、ストレスは老化の引き金となるわけ。

 

で、メルケル細胞にデカペプチドを与えると、

メルケル細胞が活性化、オキシトシン量が増す、

オキシトシンの効果で老化を抑制できる、

という話になるわけです。

 

オキシトシンを増やす方法として、一番手っ取り早いのが

スキンシップだといわれます。

ヒトだけでなく、ペットなどでもオキシトシンは出るといわれます。

アニマルセラピーはその原理を利用しているわけ。

 

それを生物学的にみると、スキンシップでデカペプチドの産生が増える、

それがメルケル細胞を活性化、脳へ伝達、オキシトシンの放出の命令がでる、

オキシトシン増るってことになることがわかった、ってな話。

 

今回学ぶべきポイントは、老化を予防して、いつまでも若々しくいたいのであれば、

スキンシップは積極的にするとよいってことですな。

 

なんか特別な成分を使わないといけないわけではなくて、

スキンシップで同等の効果は出せるわけですから。

 

 

【関連記事】

肌がきれいな人はオキシトシンが多い!?

オリジナルのエッセンシャルオイル

<<<前            次>>>