アトピーの治療にコアグラーゼ陰性ブドウ球菌の移植が有効!?

皮膚の菌移植、可能なのな

中等症ないし重症の成人アトピー性皮膚炎患者に

コアグラーゼ陰性ブドウ球菌を移植することで、

アトピーの改善効果があったという報告がありました。

 

理論的には皮膚への菌移植は可能ではありましたが、

実際にやってみたって話は初めて聞いたかも。

 

コアグラーゼってのは菌体外酵素の1つであり、血漿凝固作用があります。

おもに黄色ブドウ球菌がコアグラーゼを作ります。

陽性はコアグラーゼを作り、陰性はコアグラーゼを作らないってこと。

 

で、コアグラーゼ陰性ブドウ球菌とはなんぞやというと、

表皮ブドウ球菌のこと。

いわゆる肌の善玉菌と呼ばれとる菌です。

 

コアグラーゼによる分類は非常にざっくりしたもので、

黄色ブドウ球菌とそれ以外のブドウ球菌って分け方。

それ以外のブドウ球菌は人の皮膚から14種類見つかっているそうで、

そのうちのどれかはちょっとわからん。

ここをはっきりさせとかないと、再現性に問題がでてくるんでないかな?

 

 

実験はいたってシンプル。

中症ないし重症のアトピー患者に表皮ブドウ球菌を移植。

移植群と無移植群を無作為にわけて、黄色ブドウ球菌の数を調べるというもの。

 

アトピーの原因の1つとして黄色ブドウ球菌が挙げられているので、

黄色ブドウ球菌を抑制できれば、アトピーの改善ができるのではないか?

という着眼点の下に行われた実験です。

 

対象者は11名の成人。

サンプル数としてはだいぶ少ないです。

期間は1週間とこちらも短い。

 

結果としては、移植群のほうは無移植に比べ、

黄色ブドウ球菌が99.2%減少したそうな。

まあ、効果テキメンって感じです。

 

実際の湿疹面積、重症度指数のスコアも有意に改善されたそうな。

 

対象人数が少ない、期間が短いという問題点はあるにせよ、

有効性を示唆するには十二分な結果が出たわけよ。

 

表皮ブドウ球菌も菌であることには変わらず、

健常者には問題ないんですが、免疫の状態が悪いと

体内に入り込んで悪さするわけです。

 

ですので、表皮ブドウ球菌を塗布すればいいんじゃね?という発想はできても、

実際にするのは難しい側面があるんです。

それを実際にやってみたってところに大きな価値があると

個人的には思います。

 

あとは再現性の問題か。

 

そう遠くない将来で、実際にアトピーの治療に菌移植が

行われる日が来るかもね。

 

 

【関連記事】

皮膚常在菌にアプローチ

アトピー性皮膚炎と皮膚の細菌バランス

皮膚常在菌を移植でアトピーが改善!?

<<<前            次>>>