セラミドが合わない!?

いや、それセラミド入ってない

ちょくちょく目にする機会があったんですが、

「私にはセラミドが合わないかもしれない」

「セラミドにアレルギーがあるかもしれない」

ってなことをゆうてる人。

 

で、その根拠として、キュ●●を使ったら肌が荒れたと。

いや、それセラミド入ってませんけども。

もしかしてキュ●●のネガキャンかなんかなのか?

いや、誰も突っ込まないのはその可能性が高いのか・・・?

 

まずキュ●●の擁護をしておこうと思います。

キュ●●の疑似セラミドは浸透せずに肌の表面に膜を張り、

肌を守る作用があります。

その膜はセラミドによる実際あなたの肌を守っている細胞間脂質と

比較すれば、劣るものではありますが、即効性という意味では

非常に優れています。

 

外部の刺激に晒されているよりも、何かしらで覆ったほうが

よいのは当たり前の話ですし、セラミドに劣るといっても、

そこら辺の被膜剤よりは遥かに優れています。

 

で、この疑似セラミドはある程度の濃度を入れないと意味がないのですが、

なんとキュ●●は業界ダントツで配合されています。

 

また、現状肌が炎症状態の場合、セラミドを補ったところで

セラミド分解酵素が活発なため、セラミドは分解されてしまいます。

しかし、疑似セラミドはセラミド分解酵素の影響を受けませんし、

そのそも浸透するわけではないので、炎症時でも有効に働きます。

 

ということで、悪い商品ではないんですけどね。

 

 

さてさて、話を戻しますが、キュ●●が合わないから

セラミドが合わないってのは、当然成り立たない話です。

疑似セラミドとセラミドは全くの別ものですので。

 

 

何が悪さしてんのかな?

ということで、調べてみました。

色々調べてみると、キュ●●が合わないって人、

結構いるみたいなので。

 

それにしても、これってアラントインで部外品にしているわけで、

抗炎症剤がしっかりはいっているんですよね。

抗炎症効果を上回って荒れるって・・・

 

まずは長鎖二塩基酸ビス3-メトキシプロピルアミド。

これも疑似セラミドになるんかな?

キュ●●を2年くらい使い続けていたら、

肌の調子が悪くなって、お医者さんにかかったら、

お医者さんはこれが原因じゃないか?といっています。

キュ●●にしか配合されていないのでってのが理由の1つなんでしょう。

 

ユーカリエキスはユーカリの葉の抽出物です。

コアラが食べる葉っぱね。

これにはセラミドの産生を促進する作用があり、

セラミドケア成分として配合されています。

一般にユーカリには青酸が含まれており、毒性があるといわれています。

さすがに除去しているとは思いますが・・・

ってことで、これも怪しいといえば怪しい。

 

イソステアリルグリセリルエーテルも独自成分やなー

これは花王が原料販売している成分ですね。

乳化補助、乳化安定剤的なものなんかな?

 

怪しいのはこの辺かなー

 

セラミドの風評被害になっているので、なんとか改善してほしいところではあります。

 

 

【関連記事】

ヒト型セラミドと擬似セラミドを混ぜる処方

擬似セラミドって浸透すんの?

セラミドを増やす!?トウセンダン果実エキス

<<<前           次>>>


TOPへ