高濃度セラミドはヒリヒリする?!

それ、セラミドじゃなくて界面活性剤のせい

セラミド原液を使うと刺激を感じるって人は結構います。

販社はセラミドが高濃度だから・・・みたいな説明をするわけですが、

そんなわけはない。

 

ちなみにセラミド原液と呼ばれるものは2種類あり、

1つはSK-INFLUXでセラミド1、3、6Ⅱを含んだセラミドプレミックス品。

もう1つは馬セラミドのもの。

まあ、ほとんどは前者なので、そちらについてお話します。

馬セラミドは厳密にはセラミドではないですしね。

表示はセレブロシドですから。

 

Skinmimicsを原液として売っているところがあってもよいとは

常々思っているのですが、ないですよねー

価格がSK-INFLUXに比べると全然高いってのと、

供給に不安があるってのが原因かね。

マジでSkinmimics、安定供給させる気ないもんな・・・

半年前に受注していたのに、今更入荷日がわからんとかいいよるし。

 

さてさて、それはさておき、セラミド原液を使うと刺激を感じるって

理由は明白です。

 

その原因は乳化剤であるラウロイルラクチレートNaにあります。

旧名はラウロイル乳酸Naで、同じものです。

ラウリン酸と乳酸とNaでできている陰イオン界面活性剤になります。

 

ラウリン酸Naは石けん系の洗浄剤では非常に高い洗浄力をもち、

同時にもっとも刺激性のある成分でもあります。

それに乳酸をくっつけて、刺激性は若干マイルドにはしていますが、

それでもないわけではない。

 

SK-INFLUXにはラウロイルラクチレートNaが10%含まれています。

通常は1%、多くて5%くらいで使用するので、ラウロイルラ口レートNaの

濃度は0.1~0.5%くらいになります。

このくらいであれば、刺激性はほぼほぼないといえます。

2%くらいまでなら、ほぼ問題は起こらないといわれます。

 

しかし、濃度と刺激性は相関関係にあり、5%を越えたあたりから、

刺激性が濃度依存で増していきます。

 

10%ですから、そりゃ刺激感じる人も多いでしょうよ。

そもそも論ですが、薄めることを想定して販売している原料なわけで、

原液をそのまま使うってのは、想定されていないわけですよ。

 

つまり、正しくない使用方法をしているわけで、

問題が起こる可能性はあるわなって話。

 

別にラウロイルラクチレートNaが入っているから、SK-INFLUXが

悪い原料ってことではないです。

原料として、適正濃度で使用すれば、ほぼほぼ問題は起こりません。

 

 

【関連記事】

セラミド原料

セラミド1が表示の一番最初に来ている謎

<<<前          次>>>