キュアベリーの新しい効果

美白効果もあるそうな

キュアベリーは一丸ファルコスで販売されている化粧品原料で、

ビルベリーの葉から抽出したエキスです。

実のほうが有名ですが、「葉」から抽出するってのはなかなか珍しいです。

 

表示名は水、BG、ビルベリー葉エキス

抗炎症作用があって、使い勝手がとっても良いです。

弊社でも多用してます。

 

キュアベリーの新しい効能ってのが発表されていたので、ご紹介を。

 

美白作用があるよーってなデータですね。

上図の左側は、キュアベリーを使ったら、肌が白くなったってやつ。

メラニンインデックスってのは、まあ、メラニンの量だと思ってもらえればよいか。

 

3か月で新陳代謝で肌が生まれ変わっていくわけですが、

何もつけていないときに比べ、キュアベリーを使ったほうが

肌が白くなったよ、っていうデータ。

まあ、5%ってのはあれだけどね。

 

おそらくですが、紫外線による炎症が抑制されることで、

メラニン産生が抑制された結果なんだと思われます。

 

もう1つの図は、ストレスホルモン下にさらされた際の

メラニン産生抑制効果を見たもの。

 

ACTHは副腎皮質刺激ホルモンのこと。

下垂体前葉で合成、分泌され、副腎皮質からコルチゾール、

および副腎アンドロゲン(DHEA-S)の分泌を促進します。

ストレスホルモンの放出を促進するホルモンです。

 

ストレスでシミが濃くなるといわれますが、

まあその原因がストレスホルモンってなわけ。

ストレスにさらされると、メラニン産生が促進され、

シミが濃くなると。

 

1%使用で、ACTHの影響をほぼゼロにすることができるという結果に。

まあ、これも抗炎症作用により、メラニンの産生を抑制したと考えられます。

 

新しい効果といいましたが、ぶっちゃけ従来言われている抗炎症作用の

延長といったところです。

逆に言えば、炎症が肌の老化に大きく関わっているというわけで、

その炎症を抑えれば、肌には非常によいってなわけよ。

 

物理的なストレスは避けることができますが、

残念ながら心理的ストレスってのは避けることは不可能です。

そういう意味では、キュアベリーの効果ってのは朗報かなーとは思います。

 

炎症ってのは、まあ連鎖的に起こるもので、

伝言ゲームのようなことが行われているわけです。

体の中でね。

 

抗炎症作用のある成分ってのはいっぱいありますが、

このキュアベリーのすごいのは、様々な工程に対して

抑制することができます。

 

工程の1か所でも邪魔すれば抗炎症作用がでるんですが、

複数個所、阻害効果があるので、いろんなタイプの炎症に

マルチ対応できるというわけ。

 

ですので、抗炎症成分でも同様の結果となるわけではないんですよ。

 

価格も安いし、変なにおいもないし、超おススメの原料です。

 

 

【関連記事】

ビルベリー葉エキス

ストレスバリアコンプレックス

ナチュセラクリームVer5.1

<<<前            次>>>