セラミドの低分子化だと?!

セラミドをどうやって低分子化?

とある広告で、低分子化したセラミドを配合!ってなコピーを見たんですが・・・

なにそれ、意味わかんないんですけど。

 

まあ、おそらくナノ化したっていいたいんだと思いますが。

 

よく分子量がどうのこうのって言われるのがコラーゲンなんですが、

あれをナノ化するには、低分子化する必要があります。

コラーゲンの分子量は30万くらい。アミノ酸が一本鎖で連なったものが、

3重螺旋構造をとっています。

 

この螺旋状態をほぐして、タンパク質分解酵素で細かくすることで、

小さくなっていきます。最小単位はアミノ酸となりますが、

アミノ酸状態にしてしまうと、もはやコラーゲンでもなんでもなくなります。

だって、アミノ酸だもの。

 

一応、コラーゲンとしての最小単位はトリペプチド、アミノ酸が3つくっついた状態

のものってことになっています。まあ、これもペプチドじゃんって話ですが。

トリペプチドまでいけど、ナノサイズとなり、ナノ化コラーゲンなんて呼ばれます。

 

おそらく、このような知識はあるけど、セラミドってものがなんなのか

よく理解していなかったため、ナノ化=低分子化と勘違いしてしまったの

だと思われます。

 

セラミドを低分子化するってのは、アミノ酸を低分子化するってのと同じこと。

ぶっちゃけ、分子量を小さくすると、もはや別物になってしまうわけさね。

やろうと思えば、長鎖脂肪酸を短くするってのはやれなくはないか。

まあ、肌のセラミドは特異的に長鎖脂肪酸が長くなっているわけで、

短くしてもマイナスになるだけで、敢えてする必要性はゼロですけどね。

 

まあ、一般的には低分子化=ナノ化みたいな認識なので、

セラミドを低分子化したといっても、ああ、セラミドを小さくしたのね、

なんか浸透しそうで良さ気な気がするって感じなんでしょうから、

特に問題になることはないでしょうが・・・

 

 

では、セラミドのナノ化ってはどゆこと?

 

1つの方法は、富士フィルムがやっている方法で、

分散するセラミドを限りなくバラバラにする方法。

通常は、ミセル化・・・

水の中に、界面活性剤で油の粒子を作って、そこにセラミドを溶かしこむんですが、

1つの粒子の中には複数のセラミドが存在するわけです。

 

これをジェルにセラミドを直接分散させることで、

セラミドが単体の状態で分散しているようにするってもの。

 

もう1つの方法が、ミセル化の際にできる油の粒子をナノサイズにする方法。

ナノサイズの粒子の中に存在しているセラミドは、当然ナノサイズってわけさね。

 

一応、ナノサイズにすることで、浸透しやすいとか。

それに意味があるかどうかはちょっとわからんけどね。

 

 

【関連記事】

コラーゲン 色々

ラメラテクノロジー

セラミドは水基剤のほうが効果が高い?!

<<<前            次>>>