あーめんどくせー

売りたくないってことか・・・

NIKKOL VF-LINOの見積りを依頼してたのですが、

なんかよくわからん質問してきて、ちょっと面倒くさくなーなんて

思ってしまったわけで。

 

NIKKOL VF-LINOはリノール酸誘導体で、

表示名称はリノール酸エチル。

シミに対しての効果がありそうな原料だったので、

問合せたわけっすよ。

 

1週間くらい反応がなかったので、どうなってるん?と催促したところ、

「どんな目的で使うのか?」と聞いてきたわけです。

 

現状、シミに効果のある化粧品は存在しません。

シミを防ぐためのものしかないです。

美白成分のほとんどがメラニン合成を阻害するか、

新陳代謝を促すものです。

この2つでは、居座ってしまったシミを消すことはできません。

 

ですので、シミを消すという目的の美容液を作りたいんですが、

それに相応しい原料がなかなか見つからない。

で、シミを消せる可能性を感じたから、NIKKOL VF-LINOを

検討しているって答えたわけ。

 

そしたら、今度は「今回の依頼の背景は?」

「御社で製造販売されるのか?、化粧品製造許可業は持ってるの?」と・・・

 

うーん・・・

 

背景って、だから前説明した通りなんですけど。

それ以上でも以下でもないんすけど。

 

次の質問はあれだな。

製造メーカー以外には売らねーよって意味でしょうな。

いやはや・・・

 

新原料ってのはOEMメーカーは嫌がるわけです。

だって、在庫リスクがあるんだもん。

まあ、原価に乗っけちゃうんですけど、そうすると

製造コストがアホみたいなことになります。

 

それがイヤなら、原料は支給しろってな話になるわけです。

弊社がバカみたいに原料持ってるのはそういう理由。

 

にも拘わらず、製造メーカー以外は売らないってのは、稀にあります。

だいたい理由は2つあります。

 

1つは需要が供給を超えている場合。

グリセリンとかBGとかは、供給が不足気味なので、

各加工先で割り振りが決められています。

ですので、買いたいっても売ってくれません。

 

まあ、この原料がそこまで売れているかって話なので、

それはないでしょう。

 

ですので、おそらくはもう1つの理由。

販売戦略上の理由ですね。

NIKKOL VF-LINOはこの原料メーカーの中では特別な位置付けに

なっているのだろうと。

 

まあ、簡単に言えば沢山買ってくれるところに、

重点的に売りたいってところか。

ぶっちゃければ、大手に売りたいってこと。

 

大手を捕まえれば、留め型にしてもいいとさえ思てるのではないかな?

そのためには、小さいところがチョロチョロされたら邪魔っしょ。

 

まあ、どこか折り合いがついているのか、つきそうなのかはわかりかねますが、

そんな流れなんじゃないかな?

 

このまま進めていっても、最終的には「通販はNG」とか言われそうなんで、

この原料を使うのは断念しました。

 

シミ専用美容液の構想がまた一から練り直しですわ。

 

 

【関連記事】

NIKKOL VF-LINO

美白化粧品は作らないのですか?

<<<前            次>>>