ベビー用って・・・

ベビーケア商品の選び方

うちらが「赤ちゃんでも使えます」っていうと、

安全性の担保になるとかなんとかで、

なんとか法に抵触するらしく、言えない文言になっています。

 

しかしながら、ベビー用ローションとかいってもいいんですよ。

ほんと、わけがわからないよ。

 

曰く、敏感肌用とかと同じで定義が曖昧なものなのでOKなんだとか。

赤ちゃん専用とか言っちゃうとアウトらしい。

 

 

ベビーケア商品っていうの?

のイメージですが、赤ちゃんでも使える低刺激で、

お値段も低価格ってな感じだと思います。

 

しかしながら、ベビー用といいつつ、

本当に赤ちゃんのために作られた商品ってのは

凄く少ないと感じます。

 

そもそも、何をもってベビー用というのか定義されているわけではないので、

名乗ったもの勝ちってところがあるのは否めません。

 

もちろん、ちゃんと赤ちゃんのためだけに研究を重ねて作られたものも

あるのだろうとは思いますが、私個人としてはお目にかかったことがないです。

ご存知であれば、是非とも教えてほしいところではあります。

 

ぶっちゃけてしまえば、よっぽど変なものを掴まされない限りは、

ベビー用でなくても、ほとんど問題なく使えるもののほうが多いんですけどね。

逆に言えば、べビー用ってやつも、ほとんどは問題はないんですよねー

 

 

とはいえ、わが子のために良い物を使いたいという気持ちもわかります。

ですので、ヘアケア商品の選び方を説明していこうと思います。

 

①油分はあまり必要ない

赤ちゃんの体は80%近く水分でできているってのはご存知だと思います。

当然、肌の組成も大人と違い、水分が多いです。

ですので、オイルは控えめの商品を選んだほうがよいです。

 

ベビーオイルとかありますが、場合によっては逆効果になることも

あるとさえ言われています。

 

 

②グリチルリチン酸2Kを配合しているのはちょっと注意

抗炎症剤のグリチルリチン酸2Kは、化粧品によるトラブルを減らすために、

0.1%くらい配合しています。

まあ、これ自体は別によいのですが、

赤ちゃん用っを名乗るくらいです。

刺激性を少なくするため、原料を厳選くらいはすべきです。

 

しかしながら、グリチルリチン酸2Kを入れているものは、

その工程をすっ飛ばして、安易に作っている可能性が高いです。

 

逆に入れていないものは、それだけ自信があるってことなので、

安心感はあります。

 

 

通常は微量ですが、敢えて抗炎症効果を出すために

多めに配合している商品もあります。

 

現在進行形で肌荒れを起こしている場合は、

劇的に効果を発揮するので、そういう商品もありではあるのですが、

特に問題がない場合は積極的に使うのは避けたほうがよいです。

 

グリチルリチン酸2Kに限らず、抗炎症剤を高濃度で含んだ商品は

たいていクチコミの評価がいいです。

まあ、肌荒れが治るわけですから。

 

 

③アンチエイジング作用とかいらんから

ベビー用と言いながら、それいらんだろって成分が入っているものは注意。

EGFとかプラセンタエキスとか・・・

美白成分とかも確実に不要です。

 

こういうやつは、ベビー用といいつつ、大人がターゲットの商品です。

「赤ちゃんでも使えるから、肌の弱い私でも使えるはず」と

思わせて買わせる商法です。

 

あと、成長因子とかホルモンとか、微量で作用するものは避けたほうがよいです。

んなもんは、持って赤ちゃんのほうが大人よりもたくさん持ってますからね。

 

 

ちょっと肌がカサつくという段階であれば、

保湿ができれば正直なんでもいいんですけどね。

これを放っておくと掻き癖がついてアトピーになるので、

できるだけこまめにケアしてあげてください。

 

すでに炎症までしてしまているなら、

抗炎症剤がしっかり入ったものを使って、

症状を抑えつつ、しっかり保湿するのがベストです。

 

症状が治まったら、普通の保湿剤に切り替えて使えばOKです。

 

 

【関連記事】

ヘパリン類似物質

<<<前          次>>>