セラミドは高い

高い、安いは比較の問題だけどね

セラミドは一般的には高いといわれます。

多分、言い出したのは吉木先生だと思います。

ちゃんとセラミド入っているのはそれなりの値段するから、

安すぎるのは買っちゃダメだよー的な内容でしたね。

 

ナチュセラクリームの製造で、セラミドを購入したんですが、

いやー、高いよなー、セラミド・・・

と改めて思ったわけなのであります。

 

セラミドだけで製造原価を遥かに超えてる(汗)

 

まあ、ヒトによってはセラミド安い、という感覚を持つ人もいるみたいですが・・・

我々とは違う金銭感覚の持ち主なんでしょうなー

 

 

さてさて、セラミドがいくらかって具体的な数字を出してしまうと

各方面から問題が生じそうなので、比較してみていきましょう。

 

セラミドの種類によって価格が違いますが、

セラミド1 > 天然ヒト型セラミド > セラミド6Ⅱ > セラミド3 > セラミド2

 

セラミド100%の粉末の比較ね。

 

もはやネタなのでセラミド1の価格はいってもいいか。

1kgあたり約1億円くらいです。

まあ、1kgも買わないでしょうが、1gあたり10万円ですね。

 

これは極端な例ではありますがね。

 

セラミド1はアシルセラミドと呼ばれる超長鎖脂肪酸を持つセラミド。

製造が超難しいんだそうな。

セラミドの世界的シェアを占めるようなところでも

たまに失敗するんだそうな。

 

今回もちょっとヤバかったらしいです。

 

 

ただ、セラミド1の配合量はそこまで多くはないわけです。

例えば50gに対して0.001%という配合量であれば、

セラミド1の原料原価は50×0.00001×100,000=@50円

これだけ見ると高くはないと言えるかも。

販社からすれば、相当なコストですけどね。

 

 

セラミド6Ⅱはフラーレンよりも少々高い感じです。

g単位で比較するとね。

 

ただ、フラーレンは1%以上の濃度で使うことを推奨しています。

これはセラミド6Ⅱの推奨濃度の5~50倍です。

1製品あたりのコストを考えると、フラーレンのほうが5~50倍高いって話になります。

 

そう考えると、セラミドは安いといえるかもね。

 

 

あと、プレミックス品はセラミド3より安いです。

原料1kgあたりにするとね。

ただ、セラミド換算すると、天然ヒト型セラミドが安く感じる

くらいの価格になります。

まあ、セラミドとしては1%くらいですから、

同じ濃度入れようと思ったら100倍コストがかかるってわけ。

 

 

まあ、セラミドは確かに高額な原料ではありますが、

推奨濃度は高くないので、比較的使いやすい原料。。。

と言えなくもないのかもしれませんね。

 

 

最後に、ヒト型セラミドの話です。

植物とか、ウマとかは事情がことなります。

 

 

 

【関連記事】

セラミドの濃度が企業秘密なわけ

セラミドの長鎖脂肪酸の重要性

<<<前             次>>>