カテゴリ:老化



05日 2月 2016
Destroying worn-out cells makes mice live longer : Nature News & Comment http://www.nature.com/news/destroying-worn-out-cells-makes-mice-live-longer-1.19287
25日 12月 2015
運動と老化の関連性を調べた研究が公表されました。 結論をいえば、運動は老化を遅らせる効果があるというものでした。 Movement-Based Behaviors and Leukocyte Telomere Length among US Adults.
13日 5月 2015
中国から沢山飛んでくると言われ、問題視されているpm2.5。 pm2.5とは、微小粒子状物質とも言われるように、非常に小さい空気中の不純物です。 自動車の排気ガス、工場の煙、ストーブやごみを燃やしたりした煙などが、 紫外線やオゾンと反応することでできます。 様々な健康被害があると言われ、 呼吸器系の障害、アトピー、喘息の悪化等々の懸念があります。...
07日 11月 2013
肌バリア機能を悪化させる原因因子として タンパク質「セルピンb3」がその一因であることを 資生堂は初めて解明しました。 流石、大手の研究機関ですな。 肌バリアの機能が著しく低下するのは 「不全角化」が原因であることは分っていました。 不全角化とは、肌のバリア機能を早急に補填するため、 未完全な角層が肌表面に出てくることです。...
11日 9月 2013
レモンのメタボ抑制効果
県立広島大学健康福祉学部を中心とする 共同研究チームによると、 レモンの産地の中高年女性118名(平均60歳)を 調査した結果、レモン摂取量が多いほど、 血圧が安定しており、動脈硬化の進行も遅く、 レプチンの血中濃度が低いことが確認できたとのこと。 レプチンとは脂肪細胞から作れ出される、 満腹感を出して食欲を抑制するホルモン。...
10日 9月 2013
骨年齢とシワ
米イェール代がうの研究グループにより、 「シワの多い女性は骨折しやすい」 との学会発表があったそうです。 理由はおそらく、 女性ホルモンが大きく関わっています。 骨にとって必要なものはカルシウム であるというのは、常識といえば常識ですが、 実は、カルシウムをとっただけでは 骨は丈夫にはなりません。 骨を作る骨芽細胞と...
09日 9月 2013
多くのホルモンの原料とされる、DHEA。 主に男性ホルモンや女性ホルモンになります。 若返りホルモンとして、 海外では経口摂取や注射する人もいるとか。 寿命とDHEAの濃度に相関性があるとか、 アルツハイマーとの負の相関があるとか、 言われています。
27日 8月 2013
エクオール
注目の素材であることは間違いない、 【エクオール】 これが市場に出回ったら、 業界に大きな影響を与える可能性は 非常に高いですね。 それくらいのものなんですよ。 化粧品業界はもちろん、 健康産業全体に影響するでしょう。
12日 8月 2013
血液を取り出して、その血液をオゾンで酸化させ、 その血液を再び体へ点滴する。 血液クレンジング療法を簡単にいうと、 そんな感じになります。 オゾンとは、酸素原子が3つくっ付いた状態。 通常は2つで、酸素を形成しているので、 1つ余分に酸素原子がくっついているので、 とても不安定な状態です。 まあ、早い話が活性酸素です。
09日 8月 2013
麦茶
体を冷まします 大麦は陰の食べ物で、体を冷やす作用があるとのこと。 暑さで火照った体を冷ましてくれる、 非常に優れた飲み物なのです。 ノンカフェインです カフェインは利尿作用があるので、 水分補給という意味では、あまり適していません。 補給しても、出してしまうので。 その点、麦茶はカフェインをほとんど含まないので、...

さらに表示する