カテゴリ:アトピー



19日 1月 2017
硬水というのは、ミネラル分が多い水のこと。 正直、硬水はおいしい水とは言い難いです。 カルシウムやマグネシウムなどを豊富に含んでいるので、 体に良さそうなんですけどね。 この硬水がアトピーの発症率を上げるとの報告がありました。 英キングス・カレッジ・ロンドン皮膚科学研究所の研究グループは、...
12日 1月 2017
アトピー性皮膚炎の最も厄介なのは「強い痒み」 掻くことで、症状が悪化し、慢性化してしまいます。 従来の治療法はステロイドをはじめ、免疫系を抑制することで、 炎症そのものを抑え、かゆみを抑制する方法がとられてきました。 この痒みの原因の1つとして、インターロイキン−31 (IL-31)がすでに知られています。...
20日 11月 2016
東北大学を中心とする共同研究チーム(他に信州大学など)によって、 大気汚染物質がアトピー性皮膚炎の諸症状を引き起こす仕組みの一端を解明したとの 発表がありました。 「Nature Immunology」のオンライン版で公開されているそうです。 アトピー患者は世界中で増加の傾向にあり、 その一因が大気汚染にあるのではないか・・・...
28日 10月 2016
デュピルマブ(dupilumab)について、2年くらい前に 重度のアトピーに対しての有効性が確認されていましたが、 このたび、ヒト試験の結果が発表されました。 医学誌『New England Journal of Medicine』に掲載されています。 対象者は中度~重度のアトピー患者で、従来の治療ではなかなか改善しない人を集めたのだとか。 有効成分を含まない偽薬の注射を毎週打つグループ...
04日 10月 2016
プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)という、 使用後に無毒化するステロイド。 即効性が高く、しかも副作用がほとんどないという素晴らしい成分です。 ぶっちゃけ、お医者さんがこれ出せば、 ほとんどの皮膚病患者はいなくなるんじゃね?と個人的には思っています。 なんであまり処方されないのかねー 禁忌は以下の通り。...
23日 9月 2016
千葉大学大学院医学研究院・中山俊憲教授の研究グループは、 喘息や好酸球性副鼻腔炎などの難治性のアレルギー疾患発症の鍵となるタンパク質を発見。 発症のメカニズムを解明しました。 2016年9月16日(米国東部時間)発行の米国学術誌Science Immunologyオンライン版にて発表しています。
15日 9月 2016
ダーティネック(dirty neck)とは、成人期のアトピー性皮膚炎の患者さんに見られる 特有の皮膚変化を指す言葉です。 直訳すると「汚い首」となりますが、決してそういう意味ではなく、 「さざ波様色素沈着」のことを指しています。 その辺の配慮もあり、、「ポイキロデルマ様皮膚変化」とも呼ばれます。...
02日 9月 2016
DHAはドコサヘキサエン酸、EPAはエイコサペンタエン酸。 青魚に多く含まれており、ω(オメガ)3系のオイルになります。 血液をサラサラにするとか、脳の働きをよくするとか言われていますが、 炎症を抑える作用があるともいわれています。
22日 6月 2016
クローディン1は細胞間をつなぐのに不可欠なタンパク質で、 タイトジャンクションを形成するのになくてはならない存在です。 このタイトジャンクションは第二のバリア層として働き、 体内の水分の蒸発を防いでくれます。 このクローディン1遺伝子を壊して、クローディン1を作らないマウスを作ると、 生まれて1日で死に至ってしまうそうです。...
28日 4月 2016
順天堂大学大学院医学研究科・アトピー疾患研究センターの高井敏朗准教授らの研究グループは、 ダニ、花粉などの抗原に含有されるタンパク質分解活性(プロテアーゼ活性)と 引っ掻きなどによる機械的な皮膚バリア障害の組み合わせが、アレルギー感作と皮膚炎症を悪化させ、 喘息などのアレルギーマーチの進展に重大な影響を及ぼすことを明らかにしました。...

さらに表示する