26日 12月 2018
①セラミドはヒト型セラミドだけ
25日 12月 2018
酵素ブームがあり、酵素という言葉を聞いたことがある人のほうが多いと思います。 しかしながら、「酵素とはないか?」と聞かれたとき、 ちゃんと答えられる人は少ないです。 本来の酵素は生体触媒になります。 タンパク質でできた触媒です。 触媒というのは、特定の化学反応の反応速度を速める物質で、自身は反応の前後で変化しない物質。
18日 12月 2018
昨今は医薬部外品でシワに効果があると謳えるものがでてきており、 市場を沸かせています。 何が素晴らしいかって、効果が出ると謳えて、しかも効果がでるまで 数ヶ月かかるってこと。高い継続率を期待できます。 さらに、止めると元通りなので、続けなきゃ今までの努力が水の泡。 効いても効かなくても、高い継続率を望めます。...
14日 12月 2018
ナチュセラクリームと合成ポリマーの相性が悪いって話を 昔からしているわけです。 ナチュセラクリームとポリマーの相性が悪い件 まあ、これは初期の話で、現在のバージョン(Ver6.2)では問題ない話なんです。 初期の段階は天然ヒト型セラミドを非常に高濃度で配合しており、 おそらく、それが原因だったんではないかなーと推測しております。...
28日 11月 2018
久々に聞いたなー ほとんどの人は、何それ?と思うと思いますので、 ちょっとお話していこうと思います。 電磁波ってのは、電場と磁場の変化によって形成される波ってことなんですが、 まあ、何言ってんのかわからんですよね。 例えば、太陽光(可視光線、紫外線、赤外線)も電磁波の一種ですし、 放射線(X線、γ線)、電波なども電磁波の一種です。...
14日 11月 2018
ニンニクに抗糖化作用があると聞いたので、調べてみました。 糖化ってのがイマイチ、ピンッと来ない人も多いとは思います。 酸化が酸素がくっつくことで、糖化は糖がくっつくことを言います。 で、糖がくっつく先がタンパク質となります。 身近なところだと、Ha1c(ヘモグロビンa1c)かな。 血液検査の項目にあります。...
14日 11月 2018
幼児期における抗菌薬と胃酸抑制薬の投与は将来の肥満に関連すると 結論した論文が10月30日、「Gut」オンラインに掲載されました。 抗菌薬や胃酸抑制剤などの服用は腸内微生物叢に影響を与え、 この腸内微生物叢の変化は肥満に関連することが知られています。 この論文では、幼児期に投与された抗菌薬、ヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2RA)、...
12日 11月 2018
割りと多い質問なんですが、 「ナチュセラはラインで使わないとダメなのか?」と。 結論からいえば、使ってくれたら嬉しいけど、 別にラインにこだわる必要はないです。
11日 11月 2018
お客様から、角質層は死んだ細胞なので、そこに化粧品を塗っても効果はない ってゆうてる記事があり、どうなの?ってなご質問がありました。 実際にその記事を読んだわけではないので、何とも言えませんが、 興味深い話ではありますね。

さらに表示する