2021/08/02
2021年8月に、薬機法に関するさらなる改正が施行されました。 決まったていたのは先々月くらいだったと思いますが。 簡単に言ってしまうと、罰則が厳しくなったってとこかな? これまでは、虚偽・誇大広告(薬機法66条)に違反した際の罰金の水準は、 個人・法人ともに最高200万円でした。 うちのような零細にとっては大きな金額ではあるのですが、...
2021/07/30
1,100円で販売している原料についてのランキングをご紹介。 1位 アーティチョーク葉エキス 圧倒的な人気を誇るのは、一丸ファルコスのバイオベネフィティという原料。 毛穴に効果があるとのエビデンスを持っているほか、 老化遺伝子の発現を抑制する効果があるともいわれています。 実をいうと、ナチュセラシリーズではまともに配合してません。...
2021/07/29
いまや空前のナイアシンブーム。 ナイアシンアミド大好きって人も多いのではないでしょうか? 確かにナイアシンアミドはセラミド合成酵素の補酵素となり、 セラミド産生を促進します。 セラミド産生促進効果を見るとき、ナイアシンアミドは ポジティブコントロールに使われるくらいです。 ポジティブコントロールは必ずプラスの結果がでる区で、...
2021/07/29
コロナのワクチン、打ちました? 実際に打った人から、腕が腫れたとか、熱が出たとか、 そういう話をよく聞きます。 まあ、重症化して取返しのつかないことが起こっているわけではないですが、 なぜ、このようなことが起こるのか? 理由は簡単。 すでに免疫を獲得しているところにワクチンを打ってるから。...
2021/07/22
オリザ油化からでているオリザセラミドから、 ヒト型セラミドが見つかったって話。 オリザセラミドはコメ由来のセラミドで、 主成分はグルコシルセラミド。 表示名はコメヌカスフィンゴ糖脂質だったような気がするんだけど、変わったのかな? シクロデキストリン、コメヌカ油、グルコシルセラミド グルコシルセラミドは3%で規格されています。...
2021/07/09
花王の研究発表で、トウセンダン果実エキスにセラミドを増やす効果があるのを 見つけたってな話。 花王は疑似セラミドをメインにしており、ヒト型セラミドを避けている傾向にあるんですが、 セラミド研究においては国内No.1の企業。世界で見ても上位といってもいいです。 そんな花王にとっては、この話は吉報だったことでしょう。...

2021/07/08
パラミロンという成分を摂取することで、疲労回復効果がある と謳っている商品がありまして。 機能性表示食品となっていますので、まあ謳うことに関しては 問題ないんですけども。 パラミロンとはユーグレナに含まれている成分で、 βーグルカンの一種らしい。食物繊維のようなものです。 ユーグレナってのはミドリムシのことで、...

2021/07/07
元々はナチュセラ超Aとしたかったのですが、 まあ、絶対ダメって言われるのは明白。 次点でナチュセラAAAと名付けたわけですが、 これもダメと。 というわけで、ナチュセラ凰となりました。 うちの商品は何て読むのかわからんとのご意見を多数いただきましたので、 読み方と由来についてお話していこうと思います。 ナチュセラ極(きわみ)...
2021/07/04
お茶特有の成分といえばカテキンなんですけど、 昨今はテアニンにその地位を奪われてしまっている感があります。 カテキンは緑茶ポリフェノールの一種で、フラボノイド系になります。 8種類の存在が確認されており、どれも高い抗酸化性、抗菌性を有しています。 名前くらいは聞いたことあるって人は多いと思います。...

2021/07/01
セラミド原液を使うと刺激を感じるって人は結構います。 販社はセラミドが高濃度だから・・・みたいな説明をするわけですが、 そんなわけはない。 ちなみにセラミド原液と呼ばれるものは2種類あり、 1つはSK-INFLUXでセラミド1、3、6Ⅱを含んだセラミドプレミックス品。 もう1つは馬セラミドのもの。 まあ、ほとんどは前者なので、そちらについてお話します。...

さらに表示する