炭酸水は太る?!

Can fizzy water make you fat? (炭酸水はあなたを太らせるか?) 炭酸水に含まれる二酸化炭素が肥満との関係性を調べた実験が 「Obesity Research and Clinical Practice」オンライン版に掲載されたのですが、 その内容が英国大衆紙の「The Daily Telegraph」に取り上げられ、 その記事はイギリスの国営医療サービス事業NHSのサイトなどでも取り上げられ、...

続きを読む

セラミド美容液の選び方

個人的には美容液ってのは尖った商品であるべきだと。 何かに特化している必要があると考えています。 セラミド美容液はセラミド補充に特化しているものであり、 セラミド美容液は突き詰めてしまうと原液になっちゃうかもね。 まあ、これで終わってしまうと話にならないので、 セラミド美容液の選び方について思うところを書いていこうと思います。...

続きを読む

ナチュセラクリームがどんどん入っていく

ナチュセラクリームの特徴の1つであり、 それが売りでもあるわけですが・・・ セラミドが不足していればいるほど、どんどんクリームが入っていっちゃいます。 ああ、もちろん角質層までですよ。 逆にセラミドが十分であれば、ほとんど入っていきません。 ちょっと塗れば十分で、ベタツクことすらあります。...

続きを読む

毛が太くなる・・・

ナチュセラ芽吹、恵みを使って 「なんか髪が太くなった気がする」 との声を結構いただいています。 まあ、髪が太くなると困るー という意見もありまして・・・ ままならないもんですな。 正直言えば、特に意図していたわけではないんですよ。 なんせ、超自己中で作った商品。 自分が使って、頭皮が痒くならなくて、フケや抜け毛が減ればよしって...

続きを読む

日焼け止めサプリ

飲む日焼け止めというコンセプトの商品は少ないですが、 ないこともないです。 ほとんどのモノは抗酸化作用のある原料が使われており、 紫外線によって発生する活性酸素を無毒化することで、 紫外線のダメージを軽減するものになります。 正直、このコンセプトで商品企画をしたことは1度もないです。 企画段階から、ゼロです。...

続きを読む

ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル

とある商品で、紫外線散乱剤なし、明らかに紫外線吸収剤も少ないにもかかわらず、 SFP35、PA+++をたたき出しているものがありまして。 まあSFPのほうは、ありえなくはないですが、 PAのほうはさすがに無理っぽくね?と。 PAはUVAをどれくらい防げるかって数値の目安なのですが、...

続きを読む

ナチュセラクリームの歴史

ナチュセラクリームは、かなりの頻度でリニューアルしています。 まあ、バージョンアップといったほうがいいか。 さてさて、初代ナチュセラクリームが発売したのは2012年の冬頃だと思います。 水、グリセリン、トリエチルヘキサノイン、PG、ステアリン酸、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、...

続きを読む

ナチュセラ希実

養毛剤、名前決定しました。 丸投げの募集でしたが、沢山のご参加ありがとうございました。 名づけって、一度深みにはまると、どうにもならんくなるもので、 大変助かりました。 最終的には「竹姫(かぐや)」と「希実(のぞみ)」で悩みましたが、 独断と偏見でナチュセラ希実に決めました。 芽吹、恵みの並びで、語呂が良いってのが決めてです。...

続きを読む

イザヨイバラエキス

一丸ファルコスの新原料、IZAYOI イザヨイバラエキスになります。 十六夜(イザヨイ)のように花の一部が欠けていることから、この名がついたとか。 別名、トゲナシなんですが、トゲトゲです(笑) 棘梨、つまり棘のある梨ってことね。 実にはビタミンCが非常に多く、サプリメントの原料としても使われています。...

続きを読む

ヒト型セラミドと非ヒト型セラミドを混ぜると

経験則ではあるんですが、ヒト型セラミドと非ヒト型セラミドを 混ぜて商品を作るのは、あまり望ましくないです。 互いが互いの邪魔をするみたいなんですよね。 喩えるなら、2種類のパズルをごっちゃに混ぜた状態で パズルをするようなものです。 難易度が何倍にも跳ね上がりますし、 間違ってはめてしまうことも起こり得ます。

続きを読む