OEMメーカーの本音を語ろう

その幻想をぶち壊す

私、サプリではありますが、OEMメーカーの営業をしてたんすよ。

今回はOEM側の目線で色々語っていこうかなーと思います。

 

加工先との会話で、昨今は企業の新規案件がほぼないのに対し、

個人の案件が増えているとのこと。

ですので、私個人の体験談をもとに、勘違いを正していこうかなーと。

 

①100円で売りたい

駄菓子感覚でサプリを作れると思っている人、意外に多いです。

サプリの100均版を作れば流行るんでない?ってな問い合わせは結構ありました。

これ、化粧品のOEMでもあるそうで、100均に化粧品売ってますからね。

だから、100円で売っても利益でるような価格で作れると勘違いしているわけ。

 

まあ、一昨日来やがれって感じではあります。

仮にですが、1億個とか作れば可能性はゼロではありませんが、

ほぼ100%、そんなこと言うやつの予算は少ないわけで。

 

②売れるものを作りたい

売れるものを作ってほしいってな話は、実際にあります。

提案型のOEMを謳っていたので、しょうがないところもあるんですけども。

 

ただ、そんなもんあれば、とっくに作ってるって話なんですよ。

仮に確実に売れるものがあるのであっても、おまえには提案しないぞ?

大手に持っていくわ。

 

おまえが売れる(かもしれない)提案を持ってこいや。

それを形にするのが仕事なんだわ、OEMって。

 

③No.1の商品を作りたい

まあ、できなくはないよ。

それなりに予算組めるのであればね。

しかしながら、ここでいうNo.1は価格面でも優位性をだして、

さらに効果面でも優位性を出したいって話なんすよ。

中小零細が価格面において大手に勝てるわけないんです。

 

ナンバーワンよりもオンリーワンを目指した方がよいと思うぞ。

 

当時、プラセンタの商品でメッサ売れてた商品があったんすよ。

で、この商品よりいいものを作って、安く売りたいって案件があったんすよ。

 

プラセンタは馬プラセンタで、コラーゲンもたくさん入れて・・・

あれこれ入れたいと言い出したわけ。

なんかすべての面で優位性を出したかったみたいで。

 

予算は予め決められているのに、いっちょ前に要求だけはしやがる

ってのは、なんなんすかね?ホント。

 

④今までにないものを作りたい

そんな夢見がちな案件ってあるんすよ。

リスニングして、ふわってした案件を具体的にしていく作業があるんですが、

そんなもんできるか!ってことが多いです。

 

飲んですぐ効果がでるもの、見る見る痩せていくもの、

若返りの薬だの・・・

いや、うちはサプリメントを作るとこで、薬作る会社じゃないねん。

 

同じことが化粧品でもあって、過剰に効果を求めるケースってあるんよ。

サプリよりも多いかもしれません。

 

できるならとっくにやっているわけで、ないってことはそういうこと。

仮に技術的な進歩で可能になったとして、残念ながらはじめてはおまえって

ことはありえないことです。

 

⑤小ロットで作りたい

これも小ロットでも対応するとかなんとか書いてあったので、

そういう依頼があっても仕方ないとことはあるんですが。

 

OEMメーカーからしたら、1000個は小ロットなんですよ。

 

100個とかできないことはないですが、あくまで投資。

その先があるから100個でも受けるわけです。

逆にその見込みがなければ受けません。

 

 

まず、相場を理解しましょう。

普通に作れば、1000個で@800円くらいになります。

化粧品だと容器が高いので、+100円くらいを見とけばよいかなと。

 

また、OEM側から特別な何かが提供されることはないです。

あなたの案件は複数のうちの1つでしかなく、特別ではないからです。

 

そもそも開発する人間も普通の人です。

そのメーカーに蓄積されたもの+αくらいしか提供できないわけです。

そこに天才的な発想や、神々の奇跡を求められても困ります。

 

 

【関連記事】

なぜ、カノジョは原価100円の化粧品を1万円で買ってしまうのか?

美容家が商品作って儲ける方法

OEMに丸投げすると・・・

<<<前           次>>>