おすすめの化粧水は?

これって化粧水、思い当たらないなー

「おすすめの化粧水はありますか?」

というご質問をいただいたのですが、全然思い浮かばなんだわ。

 

用途によっても違ってきますし、肌状態や年齢など、

ヒトによっても違ってきますので、一概にコレってのは

なかなか言いにくいものです。

 

おそらくは、私自身がよいと思う化粧水ってのを聞きたかったのだと

思いますが、化粧水はうちのしか基本的には使いません。

控えめに言っても、うちのが一番だと思っています。

 

一応、無●の化粧水はよいとはいいましたが、

あれの用途は、溶剤として使うのに適しているんですよ。

防腐剤の入った水を買うよりも安いですし、

ほぼほぼ水みたいなものなんで。

 

原料の機能性を見るときに、プラスにもマイナスにもならないので、

非常に都合がよく、多用しています。

 

オリジナルで化粧水を作るときなんかにもよいです。

あれをベースに、好きな原料を好きなだけ入れれば、

あなただけのオリジナルの化粧水ができます。

 

防腐剤も入っているので、腐ることがないです。

水道水で作ったら、すぐに腐りますからね。

 

 

そもそもではありますが、化粧水を気合いれて作っているところって

あんまりないです。

 

ラインをそろえるために用意されているものがほとんどで、

クリームや美容液などを薄めたようなものが多いです。

ラインでの主力はクリームや美容液であって、

化粧水ってことはまずないです。

 

そのため、あんまり化粧水に関心がないというか、

ラインではクリームか美容液を見ることが多いです。

 

 

うちのはラインとか考えてなくて、ナチュセラの名を冠していますが、

商品開発では独立して設計されています。

そのため、統一性がなく、ローションだけ異質な感じになってます。

共通成分がほとんどないもんな・・・

 

これはライン使いしなくても、独立して効果を出せるように

配慮した・・・ってのは後付けの理由ですが、

ローションだけで十二分に成分が補えるようになっています。

ぶっちゃけると、美容液クラスの濃度が配合されています。

主要成分がシコン根エキス、オタネニンジン根エキス、クズ根エキス、

フルボ酸、ホウロクダケ菌糸体培養液、乳酸桿菌/コメヌカ発酵液

の6種類が推奨量配合されています。

 

ですので、これを基準とすると、良い化粧水ってのは

なかなか見つけるのが困難になります。

探せばあるとは思いますが、うちのが劣っていると

感じたことは今のところないです。 

 

まあ、化粧水に限らず、何を優先するかによって

良し悪しの判断は変わってくるわけです。

効果を重視するのか、コスパを重視するのか、

安全性を重視するのか、ブランドを重視するのか・・・

 

効果も何を重視するのか、予算はどのくらいか、

それに応じて、おススメできるものってのは変わってきます。

 

ニーズに合わせて商品の多様性があるわけで、

あなたが何を求めているかってのを明確にすれば、

自ずとあなたにピッタリの商品が見つかるんでないかな?

 

まあ、数がありすぎて選ぶのは大変ってのもわかりますが。

 

 

【関連記事】

プチプラコスメについて語りたい

<<<前             次>>>