ミネラルオイルは安全ではなかったのですか?

基本的には安全なはずですけど

なぜか、「ミネラルオイルは安全ではなかったのですか?」

というクレームを頂きました。

正直、うちに言われてもとは思いましたが、

過去にそんな記事書いたかも。

 

基本的にはミネラルオイルは肌に浸透することはなく、

安定性も高いので、毒にも薬にもならないオイルです。

 

かつては精製度の問題で不純物が混ざっており、

それが色々悪さをしていたため、その印象が残っているため、

敬遠されがちではあります。

 

また、鉱物油ということもあり、イメージがそもそも悪いです。

 

 

ただ、イメージとは裏腹に、ミネラルオイルは人畜無害なものではあります。

 

しかしながら、ベビーオイルを使って、肌が荒れた、湿疹ができた、

蕁麻疹ができた、などなどの、トラブルが起きたという声はないわけではないです。

 

これはいったいどういうわけか?

 

まあ、いくつかの可能性が考えられます。

 

①グレードの低いものを使っている

オイルってのはグレードが何段階もあって、

精製度が上がれば上がるほど、価格が高くなります。

有名なところだと、スクワランかな?

某メーカーが99%の純度のスクワランを扱ってます。

つまり、通常グレードのものは99%ではないんですよ。

うちで使ってるスクワランは95%くらい。

植物由来なので、まあその他の成分も有用ではないかなーと思いまして。

 

本音は、さらに上のグレードもありますが、価格が倍以上になるから。

 

何がいいたいかというと、ミネラルオイルが100%、不純物が一切含まれていないのであれば、

肌トラブルが起こる可能性は極め低いです。

逆に、トラブルが起こるようであれば、それは不純物が含まれている可能性が高いってこと。

つまり、グレードの低いものを使っている可能があります。

 

化粧品グレードのミネラルオイルにだって、ピンキリはあるわけ。

まあ、どのグレードのものを使っているかなんて、消費者には

わかりようがないのですけどね。

 

②劣化している

基本的にはミネラルオイルは安定性がメチャクチャ高いです。

常温であれば、酸化することはほぼないです。

 

ただ、保存状態が悪ければ、その限りではありません。

高温多湿下に長時間置かれていた場合、

直射日光に長い時間晒された場合、

加熱した場合等々。

 

過酷な状況下に置かれたミネラルオイルには

過酸化脂質が微量ながら含まれていることがあります。

 

あなたが手に取った商品がどのような状況で店頭に運ばれ、

どのような扱いを受けていたなんてのは、わからないわけです。

まあ、通常はそういうことを想定して酸化防止剤が含まれるわけですが、

ミネラルオイルは酸化しないって頭で、それを入れていない商品は

ちょっと注意が必要かなーとは思います。

 

③ミネラルオイルにアレルギー

ミネラルオイルは旧指定成分ってことで、

アレルギーの可能性がなくはない成分。

主にアレルゲンは不純物であったわけですが、

稀にミネラルオイルそのものに、アレルギーがある人がいるそうな。

 

基本的にはあり得ないんですが。

 

仮に、アレルギーであれば、ワセリンとかパラフィンとかにも

アレルギー症状がみられるようになるので、これらにも同様の

反応が現れたのであれば、アレルギーは確定とみて問題ないです。

 

もちろん、①に関連して、微量に含まれている不純物に対するアレルギーの

可能性もあります。

この場合は、何に反応しているのか特定するのが難しいです。

この場合は、ミネラルオイルを直接使わなければ問題にはならないと思います。

クリームに含まれているとかね。

 

あくまで、ミネラルオイルは「基本的には安全」

でも、例外はあるよって話。

 

 

【関連記事】

ミネラルオイル、お肌に悪い?!

 

<<<前            次>>>