化粧品のOEMとODMの違い

ぶっちゃけ、大差はないです

化粧品の多くは自社で作ってはいません。

多くはOEMメーカーに製造を委託しています。

弊社もそうです。

 

OEMってのはあんまり聞き慣れない言葉だとは思いますが、

Original Equipment Manufacturingの頭文字を取ったものになります。

化粧品を製造するには許可が必要になっており、その資格を持っている工場が

受託製造をしているっていう構造になっています。

 

自社工場で作っているところもありますが、超大手くらいだと思ってもらって

問題ないです。

 

似たような言葉で、ODMなんてものがあり、Original Design Manufacturing

の略称となります。

OEMとODM、何が違うのか?っての話をしようかと思いまして。

 

 

 

定義としては、OEMは委託者が主導で商品の企画、設計を行うのに対し、

ODMは商品企画から製造までを一貫で行うってことになっています。

 

私自身はサプリのOEMメーカーに勤めてたんですけど、

仕事を取ってくるには、新規開拓か既存の顧客に新しい商品を作ってもらうかの

どちらかになるんすよね。基本的には。

 

完全に新規でサプリ企業に参入するってな場合、まあ完全な素人ですわ。

商品の企画なんってできるわけなくてですね。

当然、企画段階から面倒を見なきゃいけないわけです。

 

で、既存の顧客に新しい商品を作らせるには、当然、これは売れるって

思ってもらえるような企画をもっていかなきゃいけないわけです。

もちろん、こんな商品作りたいって話もありますが、ボンヤリしたもので、

こちらもしっかり企画を組んで提案する必要があります。

 

ぶっちゃけ、ODMと大差ないことしているわけですよ。

のんきに仕事待って立って、仕事は来ないシビアな時代なんです。

 

さてさて、化粧品に関してはどうか?

サプリに比べれば、だいぶゆるいかなーと個人的には思います。

慢性的な人材不足なのか、企画力は非常に弱いです。

そもそも、企画って部分に力をいれていません。

まあ、OEMですから、当然ちゃ、当然。

 

とはいえ、状況はサプリと同じ。

新規は当然、よくわかっていない状況で、ぼんやりした、なんとなくな企画を

形にしていかないといけません。

既存には、売れそうな企画を提案する必要があります。

ちゃんとした企画、設計が提示されることなんて、ほぼ奇跡といっても過言ではないです。

 

方やODMはどうかっていうと、OEMより圧倒的に優れた商品企画を提案してくれる・・・

なんてこともなくて、正直、大差はないです。

企画部があるかないかくらいの差かね。

 

で、この商品企画、商品開発っていうものって、普通に生きてて経験することはないです。

学校でやり方教えてくれます?専門学校とかあります?

まあ、経験値を積む機会ってのはないわけで、新卒で入ってくるのは素人なわけ。

質が悪いことに、企画開発部の人間って入れ替わりが激しいんですわ。

かといって、熟練者となってくると、発想の柔軟性に欠けるってな問題もあってね。

 

そうそう簡単にヒット商品を量産できない仕組みとなっているわけっす。

あそこに頼めば、ヒット間違いなしってなODMメーカーあります?

ないっしょ?

 

ぶっちゃけ、商品開発のセンスがずば抜けて高かったら、OEMメーカーとかにいる必要はなくて、

自分で売れる商品作って、自分で売ったほうが早いですからねー

まあ、販売は素人なので、その方面では苦労するでしょうけど。

 

まとめると、OEMメーカーは必然的に企画開発をすることを求められ、

ODMメーカーは企画開発の部署はあるだろうけど、人が育たない環境なため、

その強みを活かせてないってことで、現状、やってることに大差はないです。

まあ、あくまで化粧品業界の話ですけどね。

 

将来的に何か変わる・・・ってこともないとは思います。

 

 

【関連記事】 

OEM(受託加工メーカー)あるある

企画書プリーズ

<<<前           次>>>