銅イオンは劇物!?

まあ、ナチュセラ碧は大丈夫か?ってことかな

「銅イオンは劇物だと聞いたのですが、大丈夫ですか?」

と言うご質問をいただきました。

ナチュセラ碧に銅イオンが含まれているので、大丈夫か?

ということなんだと思います。

 

根本的な話ですが、生物はミネラル分が必要ってのは異論はないと思います。

5大栄養素で、糖質、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルとなっているわけで。

ミネラルの中には銅も含まれているわけです。

 

推奨量は男性で0.9mg/日、女性で0.8mg/日

不足すると欠乏症がでます。

なぜかというと、銅は様々な酵素の補酵素として必須だからです。

 

ちなみに、普通に食事を取っていれば、まあ不足するってことはないです。

ん?銅を食べてはいないって?

生物にはだいたい銅が含まれているんですよ。

だって、必須の成分なんですから。

電子伝達系で必要となっていますので、真核生物は確実に銅を使用しているわけです。

 

電子伝達系ってのは、平たく言えばエネルギーを作る工程。

ミトコンドリアで主に行われています。

 

銅は必須ミネラルの1つではありますが、まあ銅板をバリバリ食べることはできませんし、

粉末にして飲んでも意味はないです。

金属の銅は摂取しても吸収できません。

まあ、金属全般に言えることです。

 

基本的には有機化合物として摂取するわけさね。

で、これが有機物と銅イオンに分かれて、

銅イオンとして吸収されます。

 

ちなみに銅の上限摂取量は10mgとされています。

一応、10mgまでなら問題はなかったってことで、

そう定められています。

よっぽどのことがない限りは過剰症ってのはでません。

 

つまり、銅イオンに毒性があるって言われてもなー

というのが正直なところ。

 

 

銅はご存知の通り、水には溶けません。

10円玉を水に入れておいても、10円玉が溶けることはないです。

 

ですので、銅イオンを作ろうと思ったら、

銅化合物を水に溶かすという方法が容易です。

その化合物が何か、で毒性が変わってくるんじゃないかな?

pHも変わってきますしね。

 

例えば、塩化ナトリウム(NaCl)は食塩水ですが、

水酸化ナトリウム(NaOH)は強アルカリの劇物です。

塩酸(HCl)も強酸の劇物です。

 

銅イオンでよく使われる硫酸銅(CuSO4)は劇物ですが、

硝酸銅はそこまでの毒性はないです。

逆に塩化銅(CuCl)とかは硫酸銅よりヤバイです。

 

で、ネオダミールに含まれているのは、リシンとプロリンと銅がイオン結合したものです。

銅タンパクなるものですので、食べても大丈夫なものです。

ちなみにpHは5前後。弱酸性です。

 

 

【関連記事】

ネオダミール来た

ネオダミール、ほんとムズイ

<<<前            次>>>


TOPへ