プラセンタ美容液

プラセンタエキス

プラセンタ美容液に使われるプラセンタエキスですが、

ほぼ液体原料になります。

粉末の原料もあるんですけど、水に溶けない部分があったりと

加工上の問題もありますが、やっぱり価格の問題が大きいです。

 

で、プラセンタの原液と呼ばれるものは、

文字通り絞ったものから色々添加して薄まっているものまで

幅広くあります。

 

プラセンタ原液の濃さを表す1つの指標が窒素量になります。

窒素量が多いとタンパク質量が多いってことになります。

アミノ酸を構成する成分には必ず窒素が含まれますので。

 

原液と呼ばれるものの窒素量は0.2%くらい。

これを薄めて販売するわけです。

手元にあるのはプラセンタエキス1%と0.3%ってのがありますが、

さらに薄いってことです。

 

そのため、プラセンタ原液と呼ばれるものはピンキリ。

本来の原液に近ければ近いほど、獣臭がします。

原液を謳っているのに臭いがないってのは、まあ、そういうことです。 

 

さて、窒素量の話ですが、フリーズドライしたもの、

サプリメントに使われる原料はどのくらいかというと、

うちで使ってるのは12%以上になります。

プラセンタエキスは、ほぼタンパク質になりますので、

当然と言えば当然なんですが。

 

原液50倍濃縮と言われているのは伊達ではないわけです。

 

プラセンタ原液 、本来の意味での原液だとしても・・・

30mlはカプセル3粒分相当にしかならないんです。

 

言い方を変えましょうか。

弊社のプラセンタの商品は60粒入り。

つまり1袋でプラセンタ原液30mlであれば20本分に相当するわけ。

 

そう考えると、超お得じゃね?!

 

というわけで、個人的にはプラセンタは塗るよりも飲んだほうがよい

と考えているわけですよ。

 

プラセンタ原液、確かに効果はありますよ。

1回の使用量がサプリの1カプセルよりも遥かに少ない量でも。

 

だったら、肌だけでなく、体全体にその恩恵があったほうがよくない?

と思うわけであります。

 

別にうちの出なくてもいいです。

プラセンタはどれも大差ないですから。

ただ、配合量からみた価格は圧倒的に安いと思います。

 

ちなみにですが、サプリの原料よりも化粧品原料のほうが高いです。

プラセンタを例にしても100%の粉末よりも、1%に薄めてある化粧品原料のほうが高いです。

 

理由は化粧品原料のほうが使う量が圧倒的に少ないので、

それを見越した価格設定になっているわけ。

 

そのため、このようなおかしなことが起こるわけです。

 

まあ、だからと言って、サプリの原料を溶かして化粧水にするとかは

止めたほうがよいです。

腐らせるのがオチです。

 

 

【関連記事】

プラセンタサプリの選び方

プラセンタは人への有効性はあるのでしょうか?

<<<前            次>>>