セラミド原料まとめてみた

ヒト型セラミドの原料をまとめてみた

以前からまとめておこうと思っていたんですよね。

その都度調べるのが面倒だったので。

 

セラミド原料

 

ヒト型セラミドの原料を羅列してみました。

案外、少ないですよねー

 

世界的にみてもエボニック社一強ですからね。

もう少し多様化してくれれば、価格も下がってくるのにね。

 

色々ありますが、ほぼエボニック社、一部高砂香料を

加工したものになります。

まあ、もっと探せば、セラミド作っているとこ、見つかるかもしれませんが、

簡単には出てこないっていうのは、そういうことです。

 

そう考えると、ジェヌインとかサティス製薬とかすげーな。

作るんでなくて、抽出するって方法が異なりはしますが、

セラミドを製造しているわけですから。

さらに合成にはない特性盛りだくさんの原料です。

 

 

今更、合成のヒト型セラミドの需要はないのか?といわれれば、

価格が下がるのであれば、全然あります。

とくにセラミド1。

製造が非常に難しいらしいのですが、これを簡易的に製造できるようになれば、

大儲けできると思うんですよね~

1000万円/kgで売っても1/10になりますから。

 

ぶっちゃけ、セラミド1なんて医薬品レベルの効果があるわけですが、

超高額ですから、そんなもの医薬品にしたら国の財源を圧迫するだけっすからね。

 

セラミド1に限らず、セラミド配合している化粧品は増える一方ですからね。

とりあえず入れとけば間違いないって立ち位置を確立しつつあります。

 

コストパフォーマンスさえよければ、切り替えの営業は楽勝っしょ?

うちもそんな営業来たら9割9分代えるから。

 

あとはプレミックスか。

現状5種類が最高ですが、それ以上のプレミックス作ってもうけると思うんだけどね。

濃度は高くできないけど、種類は沢山入れたいってなニーズは高いですから。

うちは行くとこまでいっちゃたので、その必要性はないのですが。

 

あー、もうセラミド作るか。

いや、冗談です。

 

まあ、あと数年で天然ヒト型セラミドの抽出の特許が切れるから、

それ以降であれば、いろんなところが、いろんなものから抽出してくるでしょうね。

 

 

 

【関連記事】

セラミドの種類

 

 

<<<前           次>>>