シャンプージプシー

自分に合ったシャンプーってなかなか見つからんよね

ぶっちゃけ、シャンプーにこだわり出すと、

高い確率でシャンプージプシーになると思います。

選択肢が多過ぎるので、どれを選んでいいかわからない、

しかも選んだものが自分にある確率の低いこと。低いこと・・・

 

今お使いのシャンプーに不満がないようであれば、

敢えて当てのない旅をする必要は個人的にはないと思っています。

 

もう、自分で作ったほうが早くない?

と本気で思いましたから。

 

私自身も、かなりの数を試しました。

それなりに評価の高いものを厳選したんですけどね。

これは!!!ってのはなかったです。

 

その際に、この成分が合わないのかなー

と判断して、使用を排除したものをシェアしておきましょう。

まあ、参考になれば幸いかな。

 

パラベン

これは私ではないです。加藤氏がパラベンアレルギーですので、

パラベン入りのシャンプーは使用できません。

安息香案Naもダメです。

 

ピロクトンオラミン

殺菌薬です。フケ予防の薬用シャンプーに使われています。

使用しているときは大丈夫なのですが、1日髪を洗わないと、

フケがスゲーでるようになります。

私自身もずっと使っていたのですが、治すの凄い大変でした。

殺菌薬全般はあまり望ましくはないと思われます。

 

メチルイソチアゾリノン

強力な防腐剤。シャンプーはどうしても高温多湿の環境下に置かれるので、

防腐は強めにする必要性があります。

その際によく使われている防腐剤です。

メチルクロロイソチアゾリノンと一緒に使われることが多いです。

安全性は高いのですがね。

 

コカミドDEA

こいつは個人的には確信的にあかんやつでした。

なんかこれ使ってるシャンプー使うと頭が痒くなるんですわ。

DEAが結合してるのが合わんみたい。

 

 

あくまで私自身の問題で、これらの原料が悪いってわけではないです。

色々と検証した結果、これらは避けたほうが私に合ったものが作れる

と判断しただけです。

あなた自身には問題ない場合のほうが多いのではないかな?

 

あとは、石鹸シャンプーも個人的には嫌い。

キューティクルがめっさ開くからね。

 

 

ナチュセラ芽吹は、私自身が私自身のために作ったシャンプーなので、

万人受けするとはさらさら思ってはいません。

 

原価イカレてるし、正直売れても困るわけで、

ナチュセラ芽吹を個人的に勧めることはしません。

 

だって、シャンプーとしては高額になってますからね。

安いので事足るのであれば、それに越したことはないと思います。

 

選択肢の最後くらいに考えてくれれば十分です。

 

 

【関連記事】

ナチュセラ芽吹についてのぶっちゃけた話

ナチュセラ芽吹 リニューアル

<<<前            次>>>