ナチュセラ碧、どうしようか・・・

商品化には消極的です

ナチュセラ碧のサンプルの感想がチラホラ。

正直、多くはないんですがね。

 

シワの医薬部外品がでてきてはいるのですが、

長い間使用してようやく効果が出るものです。

半年とか1年とか。

しかも結構いいお値段するし。

 

もっと短期間でぽーんと結果がでるものが作れないかなー

なんて思っていたわけであります。

 

そこで目を付けたのがネオダミール🄬。

わずか2週間で結果がでるってのがウリの原料です。

 

それを使って作ったのがナチュセラ碧(仮)ですが、

狙い通り、短期間でシワに効果があったという声をいただいたわけです。

 

さてさて、どうしたものかなー

 

まず1つはネオダミール、スゲー高いんですわ。

Skinmimicsの倍くらいの値段。

ここまでくると、かなり躊躇しちゃいます。

 

当然、販売価格も安いものではなくなってしまいます。

これ、ホントに売れるんか心配になるわけです。

 

もう1つは、効果が高いってことは、作用が強いわけです。

まあ、敏感肌の方にはちょっときついかも・・・

という懸念があります。

レチノールも効果は高いですが、変な反応が出る人は

一定数いるわけで、それと同じです。

 

碧で荒れたって話は今のところないですが、

どうなんでしょうねー?

返品とか嫌なんですけど。

 

あとは、どうやって売るかですよね。

シワに効くとか、当然言えないわけで。

これを考えるのが面倒くさい(笑)

 

 

見た目は青い液体で、キレイなんですけどね。

この色が分かるほどちゃんと配合している商品って

ほぼないので、ネオダミールの真価を発揮できる商品は

あってもいいとは思わなくもないです。

 

うーん、悩ましい・・・

 

 

【関連記事】

ネオダミール

ネオダミール来た

ナチュセラ碧

<<<前             次>>>