日焼け止めサプリ

日焼け止めサプリ事情

飲む日焼け止めというコンセプトの商品は少ないですが、

ないこともないです。

 

ほとんどのモノは抗酸化作用のある原料が使われており、

紫外線によって発生する活性酸素を無毒化することで、

紫外線のダメージを軽減するものになります。

 

正直、このコンセプトで商品企画をしたことは1度もないです。

企画段階から、ゼロです。

 

まあ、ニーズが高くないんですよ。

理由は、これって日焼けを予防するものだから。

 

日焼けサプリを飲んでいても、日焼けの害を軽減することはできても、

完全に防げるものではありません。

 

日焼け止めを塗って、それでも防げないときの保険でしかないのです。

 

残念ながら、予防を必要経費だと思える賢い人は少数派。

頭ではわかってはいるんですが、行動に移せない人のほうが

圧倒的に多いのです。

 

つまり、売れないんですよ。

もしくは売りにくいとでもいいましょうか。

 

 

そもそも、日焼け止めサプリに効果はあるのでしょうか?

代表的な成分としては、アスタキサンチンとかリコピンがあります。

そこまで特殊な成分でなくても、ビタミンCとかビタミンEなんてのでもいいです。

 

まあ、飲む、飲まないでは紫外線を浴びた時のダメージに差があるのは

間違いないみたいです。

 

もちろん、日焼け止めをちゃんと塗って、紫外線を浴びたいようにするのが

鉄則ではありのですが。

 

 

一方で、美白サプリの企画は結構依頼を受けましたし、

いくつか商品化しました。

 

日焼け止めサプリと美白サプリ、何が違うのでしょう?

実は、中身は一緒。

抗酸化作用のあるものを配合しているだけです。

 

よく使ったのはアスタキサンチンですね。

 

これで肌が白くなるとか、シミが消える・・・とは言えないので、

それを臭わす表現で販売するわけですが、

 

あくまで、活性酸素の害を軽減するものであり、それ以上でもそれ以下でもないです。

 

ですので、白くなることも、シミが消えることもないです。

 

でも、これは売れるんですよねー

 

 

長期的に飲めば、肌が代謝することで実感できるかもですが、

それまで続けれるかなー?

 

ぶっちゃけてしまうと、抗酸化力の高いものであれば、

似たような効果は期待できますので、

他の効果が期待できるもののほうがいいんじゃないかな?

 

例えば、アントシアニンとかルテインとか。

これらは目によい成分です。

 

レスベラトロールとか、ピクノジェノールとかでもいいんじゃないかな?

 

 

【関連記事】

トマトジュースで日焼けのダメージが30%減?!

パインセラミド ヒト臨床試験で有意差

<<<前            次>>>