化粧品原料関連

化粧品原料関連 · 2024/02/07
Neodermylは(リシン/プロリン)銅を含んだ原料で、 細胞のエネルギー源として働き、エネルギー不足で休止中の器官を 稼働させることで、高い皮膚再生を実現します。 何が原因かわかりませんが、価格が高騰しておりまして、 当初の価格の倍以上の値段となっています。 当然、似たような効果のある原料を探すことになるわけですが、...

化粧品原料関連 · 2023/12/29
三省製薬の美白原料、ゼニアオイエキスのご紹介。 多年草でヨーロッパが原産。江戸時代に観賞用で入ってきたらしいけど、 いまでは帰化植物ってことになっています。 ゼニアオイエキスは一丸ファルコスが化粧品原料としてすでに販売していますが、 プロフィラグリンの生産が増える効果を見出し、保湿成分という扱いになります。...

化粧品原料関連 · 2023/12/20
最近、注目度を上げているエクトイン。 大手でも使われており、まあ流行ってるといってもよいのか? ただ、エクトインを配合した化粧品を使用した人の中に、 「合わない」という声が一定数存在します。 弊社でも色々な原料をお客様に試してもらっていますが、 ネガティブは反応はエクトインを上回るものはなかったです。...

化粧品原料関連 · 2023/12/12
Neodermylはすでに使っていないのですが、 値上げの連絡が来まして・・・ 値上げに値上げを重ねて、とうとう最初の価格の 倍以上になりました。 値上げ率100%越えだ。やったね。 Neodermylをメインで使っていた商品は軒並み 販売を停止しているので、多くの会社は早々に見切りを つけていたのだと思われます。 ですので、ほとんど意味のない連絡だとは思われます。...
化粧品原料関連 · 2023/12/07
100%天然由来レチノールを謳っている原料RetiLife。 ジボダンというスイスの会社の原料になります。 Neodermyl®作ってるとこですね。 セラミドでも天然だの合成だのって話はよく耳にしましたが、 レチノールもその流れになっていくのかね? ポイントは天然由来という表現。 天然レチノールではないってことですね。...
化粧品原料関連 · 2023/12/04
オウレン(黄連)は漢方で使われる生薬で、 オウレンの根茎を乾燥させたものになります。 このオウレンにはベルベリンというアルカロイドが含まれており、 蠕動運動を抑制すると共に、有害細菌に対しての殺菌効果があることから 下痢止めに使用される成分です。 近年、ベルベリンにオートファジーを促す効果があるということが 報告されています。 Berberine...

化粧品原料関連 · 2023/11/30
ここ数年でよく聞くようになったゾンビ細胞。 ゾンビ細胞とはなんぞやって話ですが、簡単に言えば老化細胞のこと。 老化細胞は周りの細胞に影響し、周りの細胞を老化細胞に変えていきます。 それがまるでゾンビに噛まれた人がゾンビになっていくみたいなので、 ゾンビ細胞と呼ばれます。 この老化細胞はガン化を防ぐための1つの仕組みで、...

化粧品原料関連 · 2023/11/18
フランス産のホワイトルピナスの種子からルペオールという成分を高濃度で抽出した原料。 かなり昔にコラーゲン産生促進成分を探していたのですが、 その時に候補にあがった原料になります。 その時はダームコムに軍配が上がり、こちらは不採用となりました。 HSP47というヒートショックプロテインの産生を高める効果があり、...

化粧品原料関連 · 2023/11/16
なんかとんでもない原料使ってんなーと思ったら、 結構採用しているところ多くてビックリだわ。 ペンタバイティンという名の原料はDSMの原料なんですが。 ロットが凄いデカいんですよね、この会社。 表示名称は異性化糖、水、クエン酸、クエン酸Na

化粧品原料関連 · 2023/11/16
一丸ファルコスの新規原料になります。 展示会でも出していたみたいなんですが、ジュニパーブライトを 激推ししており、こっちはあんまり目立たなかったんよね。 たるみに効果があるものを探していたら 引っかかってきたので、ご紹介していこうかと。 表示名称は水、BG、カワラヨモギ花エキス 推奨量は1%となっています。...

さらに表示する