セラミド高濃度配合!

セラミド高濃度とはどのくらいから?

高濃度とか高配合ってのは、なんとか法に抵触するらしくて

使えない表現ではありますが、たまに見かけますよね・・・

「セラミド高濃度配合!」とか「セラミド高配合!」みたなの。

 

まあ、別にいいんです。

うちも言いたいなーとか、思ってないです。

(いや、ちょっとだけは・・・笑)

 

今回のテーマはセラミドの高濃度ってのは

どのくらいなのか?ということを掘り下げていこうかと思っています。

まあ、だからと言って、セラミド高濃度という表現は現実的に

できないんですけどねー

 

 

セラミドの最適濃度

そもそも、セラミドの最適濃度ってのはどのくらいなんでしょう?

各社、色々な意見はあるでしょうし、使う原料によっても変わってきます。

 

例えば、Skinmimicsはセラミドとして0.05%、

天然ヒト型セラミドは0.01%、

まあ、あとは使ってないからよくわからんですが、

だいたいこの辺の値になっていると思われます。

これはEvonik JapanのセラミドⅢの販促に使われたデータです。

セラミドⅢを0%、0.05%、0.5%配合したクリームを使ったときの肌の水分量が

どのように変化したかを示したものです。

(ブランクとして何もつけないってのもあります)

 

一目瞭然で、0.5%配合しているときのデータがいいわけですが、

0.05%でも効果があるってことで、たった0.05%いれるだけで、

コストもあまりかからないから、0.05%入れましょう!

というような営業を展開していたとか。

 

正直、このクリームはセラミドなしでも凄いのですが(笑)

 

あと、面白いのが、7日目で使用を中止、

その後の水分量の変化を見ていくと、

だんだん元に戻っていくんですよね。

 

まあ、クリームを一切塗らないって条件ですから、

こうなるのは当たり前といえば、そうなんですがね。

 

さてさて、このデータから何が言えるかというと、

セラミド3では、0.05%ではなく、0.5%のほうが最適濃度に近いってこと。

 

では、セラミド3を0.5%以上、例えば1%とか4%とか入れた場合、

さらに高い効果が得られるだろうか・・・?というのは当然の疑問。

セラミド2ならまだしも、セラミド3でのこの濃度はなかなか厳しいものがあります。

が、高い効果を得られるなら、入れるところも出てくるはず・・・

 

まあ、ぶっちゃけ、その辺のところを展示会でEvonikの社員の人に聞いてみました。

もちろん、営業の人なので、どこまでが正しい情報かは定かではないですがね。

曰く「それ以上の濃度でやっても結果が変わらないので、ムダなだけ」とのこと。

 

過去に色々試した結果、原料が勿体ないだけなので、

0.5%以上は行っていないそうな。

 

また、別の資料で0.2%、0.3%でのデータもあり、

これは0.5%と大差がないものでした。

(後でこの資料送ってくれるといってたのですが、送られてくることはなかったです(笑)

 

この辺のことから、セラミド単体での最適濃度は0.2~0.3%あたりなのではないか?

と個人的に推測していますが、いい線いってるとは思ってます。

 

 

これはSkinmimicsのデータですね。

Skinmimicsには約1%のセラミドが含まれています。

ですので、Skinmimics1%=セラミド0.01%、Skinmimics5%=セラミド0.05%というわけ。

 

Skinmimicsはセラミド1、2、3、6Ⅱ、9のセラミドプレミックスなわけですが、

セラミドの種類が増えれば効果が高まるってのは、経験則としてあると思います。

ただ、だからといって最適値が下がるかというと、そういうわけではないかなーと。

 

実は、Skinmimicsを10%使っているイカレた商品があります。

5%のものよりも、遥かにいいです。

 

これも個人的な推測ですが、可能であればSkinmimics20%が最適値、

つまり、セラミドとして0.2%が最適値となるのではないか?と。

 

 

まあ、あくまで推測。

ちゃんとした確証があるわけではないです。

ただ、頭打ちは必ずくるということですな。

 

 

 

 

セラミド濃度の最高値

最高値を取るというのは、肌への効果的な部分はさておき、

マーケティング的には効果は絶大です。

某大手の4%の牽制は非常に強力な一手でした。

 

まず、セラミドの濃度争いが起きませんでした。

(まあ、4.5%を出したところがありますが。いまはそこがセラミドの最高値ですね)

いや、うちは5%だ、6%だとならなかったので。。。

 

1つはコスト的な問題。一般的には0.01%とか、さらに低い値で扱うセラミド。

かりに0.01%だとすると400倍ですからね。

そこまでコストをかけて勝負しても、勝算が低い争いをしかけるのは、

普通しませんよね?

 

同時に、セラミドの濃度は非公開という立場を取るところが増えました。

やはり4%と比較されると、たとえ適正量だったとしても、

少ないと思われてしまいますからね。

 

まあ、それを逆手に公開していないのは微量しか入ってないからだ!

という暴論をゆるしてしまうことにもなるのですが。

 

 

ただ、はっきり言えるのは、

必要以上に入れているのであれば、高濃度っていってもいいような

気はしないではないです。誰も文句はいわないと思いますよ?

 

 

 

セラミド高濃度?

実際問題、セラミドの濃度は0.01%以下のところがほとんどだと思います。

別にセラミドをメインに入れているわけではない、ってところも多く、

セラミド云々すらいっていない商品もたくさんあります。

 

だから、別にそれが悪いというわけではないです。

まあ、セラミド云々を謳っているのであれば、

0.01%くらいは入れてほしいかな~とは思いますが・・・

 

まあ、セラミド配合しているすべての商品としてみれば、

0.01%入っていれば、多い部類に入ってくるので、

セラミド高濃度いえなくは・・・ないと思います。

 

 

最適値を0.2%とするなら、

それ以上を高濃度とする考え方もあるし、

最適値=最高値(効果の)とすれば、0.2%で

高濃度といってもいいかもしれません。

 

 

もしくは、国内最高濃度以外は高濃度を認めないって考え方を

する人もいるかもしれません。

 

 

同じ「高濃度」という言葉なのに、人によって捉え方はバラバラです。

だからこそ、便利な言葉ではあるのですが。

さてさて、あなたはどう思いますか?

 

 

【関連記事】

ヒト皮膚同一型セラミド

セラミドの効果がでる濃度

<<<前                                  次>>>