ホーム<ナチュセラローション

至高の紫比率 ナチュセラローション


本来、あなたの中には美しさを作る力が存在しています。

年齢肌を感じるのは、その力が少しずつ眠りについてしまうからです。


その力、解き放ってみませんか?


大地の力でお肌の力を覚醒させる

紫根エキス(肌荒れ防止剤)

ムラサキ草の根から抽出したエキス。名前の通り、紫色の根をしています。

中国では古くから使われており、日本でも江戸時代ごろには広く活用されていたそうです。

ただ、科学的に有用性が解明されたのは近年で、

6種類のシコニン誘導体があなたの肌に強さを与えます。


高麗人参エキス(皮膚コンディショニング剤)

言わずと知れた、根の王様である高麗人参のエキス。

大地の養分を吸い尽くしてしまい、高麗人参の栽培後はしばらくは作物が育たないと言われます。

ミネラルをはじめ、多くの成分を含んでいますが、注目の成分は

ジンセノサイドと呼ばれるサポニン群。

大地の養分を吸い尽くした高麗人参の力を感じてください。

 

フルボ酸

落ち葉や生物の死骸が何千年、何万年とかけてできる物質。

大地によって、生物が発酵、分解されてた有機物としての最終形体がフルボ酸です。

微量元素、超微量元素、各種ミネラル、ビタミン等、非常に種類豊富な成分を含んでいます。

フルボ酸自身も生物には必須で、約0.02%含まれています。

 まさに大地の恵み。フルボ酸なくしてナチュセラローションは語れません。

大地の力であなたの美しさを引き出します。

ナチュセラローション 至福の紫比率の秘密


試作品




ナチュセラローションの試作回数は、

ちょっと受託メーカーさんに申し訳ないくらい頻繁に行いました。

(なんと濃度調整だけで46回の試行錯誤)

 

左が初期試作品、右が現行品です。

 

 


当初、「どこにも負けない濃い化粧水を作りたい!!」との思いから、

推奨量限界値まで、ぶち込んだのですが、濃ければよいってわけでもないようでした。


フルボ酸の量をめぐって

紫根エキス(肌荒れ防止剤)高麗人参エキス(皮膚コンディショニング剤)フルボ酸保湿性)のそれぞれ、

何%配合するか、どういう比率にするかで、何度も何度もやり直しました。

 

き っと、メーカーさんは

「どれも大して変わんないよ」

と思っていたことでしょう。

 

 

そして・・・

 

 

 

紫根エキス(肌荒れ防止剤):高麗人参エキス(皮膚コンディショニング剤):フルボ酸(保湿性)=30:10:1のとき、

「これだ!!」という感触にあたりました。

 

この30:10:1こそが紫比率というわけです。

 

ホントは黄金とか白金とかいいたいのですが、

最大級の表現は薬事的にNGらしいので、

まあ、うちは紫にこだわっているから、紫比率でいいやってことで、

そう呼んでいる次第です(特に深い意味はないです。単なる言葉遊び)。

 

肌への使用感、頭皮への使用感、ナチュセラクリーム

との相性など、すべてをクリアしたものができました。

 

 

紫根エキス(肌荒れ防止剤)、高麗人参エキス(皮膚コンディショニング剤)、フルボ酸(保湿性)

どれも単体で主役を張れる原料です。

 

それぞれ主役級の量を入れようとすると、ケンカしてしまうのです。

 

それぞれが、それぞれを最大限活かせる配合。

渾身の出来ですので、是非一度お試しくださいませ。

黄金比率
カッコンエキス、ホウロクタケ菌糸体培養液、コメヌカ発酵液

カッコンエキス

最高級葛、吉野葛の根から抽出したエキス。

クズ科の植物の根にはイソフラボンが多く含まれています。

独自の技術でなんと29倍濃縮されたイソフラボンが含まれています。

 

ホウロクタケ菌糸体培養液

化粧品の成分研究の過程で、日本国内を探し求めて、

ようやく見つけた奇跡のキノコです。

その培養成分について多数の学会でも発表された注目の成分です。

 

コメヌカ発酵液

秋田県を代表する日本酒 『美酒爛漫』の米ぬかを

植物由来の乳酸菌で発酵した物です。

 

ナチュセラローション 全成分

水、グリセリ ン、BG、ペンチレングリコール、ムラサキ根エキス、オタネニンジン根エキス、カッコンエキス、フルボ酸、

ナイアシンアミド、ホウロクタケ菌糸体培養液、 乳酸桿菌/コメヌカ発酵液、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、

グリチルリチン酸2K、加水分解コラーゲン、加水分解エラスチン、ヒアルロン 酸Na、乳酸、PCA-Na、ソルビトール、

トレハロース、エタノール、フェノキシエタノール


むくみ、たるみ対策はお任せ!頭皮、肌兼用の肌甦水

頭皮は肌とつながっています


肌と頭皮はつながっている

 

 

当然ですが、肌と頭皮は繋がっています。

 

ですから、頭皮の影響はお肌へ

ダイレクトに表れると思いませんか??

 

 

表情筋と頭筋

 

 

 

 

顔の筋肉を支えているのは頭の筋肉なのです。

そして、顔の肌の弾力を左右するのが表情筋なのです。

 

この頭の筋肉がたるめば、表情筋もたるみ、肌の弾力が失われます。


頭皮のケアが蔑になってるのでは??

頭皮は肌であるという至極当然のことなのに、

頭皮に着目した製品がなぜか見当たりません。

 

頭皮にだって潤いは必要。

頭皮用の化粧水だってあってもいいんじゃないか?

 

お肌によいのは当たり前。

ナチュセラローションは頭皮のケアにも使えるよう設計されています。


オススメローション

お客様の声(抜粋)

・漢方っぽいにおいがして、最初は「うっ」と思いました。

しかし、使い続けていると癖になるというか、落ち着くようになってきました(笑)


・しっかり潤ってくれるので、非常に満足しています。

無くなると不安なので、常にストックしています。


・最初は沁みましたが、今では何ともありません。

肌が丈夫になってきたのかも?


・夏場はこれだけでいけるんじゃないか?ってくらいの保湿力。



ナチュセラローション

 

 

成分:水、グリセリン、BG、ペンチレングリコール、ムラサキ根エキス、オタネニンジン根エキス、カッコンエキス、フルボ酸、ナイアシンアミド、ホウロクタケ菌糸体培養液、乳酸桿菌/コメヌカ発酵液、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、グリチルリチン酸2K、加水分解コラーゲン、加水分解エラスチン、ヒアルロン酸Na、乳酸、PCA-Na、ソルビトール、トレハロース、エタノール、フェノキシエタノール

内容量:150g

 

¥5,600

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1


ショッピングカートは上部右に表示されます