EQ認証マーク

エビデンスクオリティ認証マーク

特定非営利活動法人 健康情報処理センターあいちの倫理審査委員会により、

科学的根拠に基づく健康食品選びの新基準として「エビデンスクオリティ認証(EQ認証)」を開始しました。

今年の1月かららしいです。

 

機能性表示食品が出てきた今となっては、立場的にどうなのかよくわかりませんが、

やりたいことは同じですね。効果効能を謳いたい。

 

エビデンスクオリティ(EQ)とは、エビデンス(科学的根拠)と

クオリティ(臨床研究の質)の意味を掛け合わせた造語なんだとか。

エビデンスクオリティ認証(以下、EQ認証)」は、

新薬開発の国際ルールであるICH-GCPにのっとり、健康食品に対して行われた臨床研究の質を

治験と同じ枠組みで評価し、その健康食品のエビデンスレベルを消費者にわかりやすいマーク

として製品パッケージ等に表示することを認証する制度です。


要するに、医薬品と同等の評価をしてまっせ!ってのをマークで示したいわけです。


デザインはヘルメスの杖か~

元々は医の紋章としてはアスクレピオスの杖で蛇は1匹なんですよ。

まあ、どうでもいい知識ですが。

評価項目がこれだけあって、★の数がカウントされ、最終的な評価になります。


これ、ガチでやったらトクホと同じくらいの金額が必要になるかな~

国が審査するわけではないので、審査はゆるいとは思いますが。。。


実は、サプリメントってこういう認証ビジネスは昔からやられていて、

古い物だと、JHFA(日本健康・栄養食品協会認定)かな。

昔のサプリメントは結構ついていました。

こんなやつ、見た事ないかな?

年会費として数十万かかるんですが、

あってもなくてもあんまり変わらないということで、

今はほとんど使われません。


新しいものだと、ハイクオリティ認証とかGMP認定工場製品なんかがあるかな。

ぶっちゃけ、これを知っている人が日本国内にどれだけいるかって話ですよ。

たぶん、ほとんどの人が知らないと思います。

サプリメントは効果効能を謳うことができないので、

まあ、こういった権威的なマークで差別化しようという試みです。


個人的にこれらのマークで売り上げに影響するかといえば、たぶんNOです。

なぜなら、そんなマーク知らんからね、みんな。

説明も少々面倒くさいですし・・・


ここまでは扱ったことがあるので知っていますが、

EQ認証マークは最近初めて知りました。

(なんか展示会で冊子をもらってまして)


この認証ビジネスって、巧く行っているイメージがあんまりないんですが、

今後、増えてくるのかな?