D-アミノ酸

D-アミノ酸とL-アミノ酸

私たちが普段見聞きしているアミノ酸は、

ほとんど全て、L-アミノ酸であると思って差支えありません。


D-アミノ酸は自然界ではあまり存在しないからです。


長い間、D-アミノ酸は自然界には存在しないとされていましたが、

何と、老化するとD-アミノ酸が増えることが分かっています。

例えば、白内障の原因は水晶体にD-アミノ酸が蓄積するからと言われますし、

高齢者の皮膚にはD-アミノ酸が見つかると言われます。


もうこの段階で、D-アミノ酸は老化物質で忌むべき存在として見てしまいがちですが、

D-アミノ酸の有用性を研究しているところもあるんです。

なんかスゴイですよね。

そもそも、DとかLとかなんなん?って話ですが、

簡単に言うと、組成は同じでも、形が違うというもの。

 

Dはdextro-rotatory 、Lはlevo-rotatoryの略らしいです。

(意味はよくわからんです。右とか左とかって感じ?)


物質の性質上、D-アミノ酸もL-アミノ酸も違いはなく、

自然界での発生率も同等の確率なんだそうだけど、

生物にはL-アミノ酸のみと言える状態。


生物からD-アミノ酸が排除された理由は、生物学的ミステリーとして

未だに決着がつかない議論の1つでもあるそうです。



さて、このD-アミノ酸ですが、紫外線により割と簡単にできてしまうらしいです。

そして、DをLに戻す酵素は体には存在しないとか。

その為、紫外線の影響を受けやすい皮膚や水晶体で多く見つかる訳です。


その他にも、脳内でも見つかり、アルツハイマーの原因の1つだとも言われますし、

血管中にも見つかり、動脈硬化の原因の1つだとも言われます。

主にD-アスパラギン酸が原因らしい。



一方で、生物を構成するタンパク質にはL-アミノ酸がメインですが、

微生物の産生物にはD-アミノ酸が含まれているとか。


つまり、発酵食品にはD-アミノ酸が含まれている可能性が高いです。

発酵食品の有用性はこのD-アミノ酸によるものだ、という人もいるくらいです。


体内でD-アミノ酸ができるのは好ましくないが、

D-アミノ酸を摂取することは、問題ないどころか、

何かしら有益な作用があるかも・・・

という研究がされているわけです。


まあ、化粧品原料にD-アミノ酸配合といわれても、

ちょっとどうなんだろ?と思ってしまいますけどね。


あと、アミノ酸配合している化粧品は非常に多いですが、

紫外線でどのくらいD-アミノ酸になるのか、ちょっと興味深いです。

そして、それがいい影響を与えるのか、それとも悪影響があるのか、

その辺も気になりますよね。



【関連記事】

肌老化を促進 悪玉タンパク質セルピンb3

老化カギはミトコンドリアにあり!?