水毒デトックス

夏は余分な水分がたまりやすい

東洋医学の考え方で、「気血水」というのがあり、

病気の原因は、これらの過不足によるものであるとされます。


水毒とは、血液以外の水分の流れが滞った状態のことを言います。

ちょっと前の記事では女性の7割くらいと言われていましたが、

最近は9割くらいまで割増されてます(笑)


そういえば、老化の原因は6割は紫外線だ、といわていましたが、

最近は8、9割くらいに増えてました。

まあ、どっちにしろ根拠のある数字ではないから、多めに言ってしまったほうが

インパクトはありますからね。


ですから、本当に女性の9割は水毒に陥っているかどうかは定かではありません。

なんとなく、多いんだろうな~とは思いますが。



で、この水毒は夏に陥りがちであり、

むくむは、代謝は落ちるは、疲れやすくなるは、痩せにくくなるわと、

悪い事尽くめで、悪循環。

この夏溜めこんだものは、この夏に出してしまいましょう~



では、早速チェックしてみましょう。

1.トイレに行く回数が1日3,4回程度(トイレの頻度が少ない)

2.ちょっと動いただけで疲れる

3.髪にツヤ、ハリが足りない

4.実年齢より上に見られがち

5.足腰がだるい


6.冷え症である

7.痩せにくい

8.冷たい食べ物や飲み物をよく食べる

9.お風呂に入って、汗がでるまでに時間がかかる

10.生理痛、生理不順がある


11.健康のために1日2ℓ以上水を飲む

12.フェイスラインがスッキリせず、顔のむくみが気になる

13.まぶたがはれぼったい

14.のどが渇いたら、飲み物を一気に飲む

15.胃腸が弱い


1~5が多い人は腎水毒。

腎臓は水分をろ過することで、老廃物を排泄する役目をになっています。

その腎臓の働きが弱り、活力がでなていないと思われます。


6~10が多い人は冷え水毒。

体が冷えて代謝が鈍り、皮下に水分がたまっているかも。

エアコンの当たり過ぎ、冷たい物の取り過ぎなど、

夏場に多くなるタイプです。


11~15が多いひとは水の取り過ぎにより水毒。

水分過剰な状態。

夏場は脱水症状とか熱中症の心配がありますが、

必要以上に取り過ぎている場合は注意。



ただ、結局はどれもが関連してくるので、

このタイプだ!というふうに明確にあてはなることはないと思います。

当てはまる人は、だいたい当てはまってしまうでしょう。



水毒対策 余分な水分を追い出そう~

水毒に効く3つのツボ

湧泉

足のむくみ対策のツボでもあります。

足指をグッと曲げたときにでるくぼみです。

ここをおもいっきりグリグリします。

溜まってると超痛いです(笑)


腎愈

疲れが腰にくるとき、ここのツボが痛くなります。

これは腰にきているというより、腎臓に来ているんですね。

腎臓の働きを活性化し、水分代謝をよくしてくれます。


委中

ここもつまるとかなり痛い。

さすって、ある程度温めてから揉んであげるとスムーズに流れます。



【関連記事】

 そのぷよぷよ肉・・・水毒が原因かもしれませんよ?

 水太り解消法