グアイアズレンを弄ってみた

ジメチルイソプロピルアズレン

以前、紫色の石鹸を作りたいなーなんて考えており、

購入した成分がグアイアズレンという原料。

 

なんか紫の化粧品があり、その色素がグアイアズレンだったので、

これを使えば紫色の石鹸が作れるのでは!?

 

なんて思ったんですが、なんとビックリ!

瓶の中で固まってるやないか!!

(カッチカチやで?) 

 

ってことで、使うことなくお蔵入りしていた原料です。

まあ、旧指定成分ってことであんまりイメージはよくないっす。

 

ちなみに紫色のやつは

グアイアズレンスルホン酸ナトリウム

グアイアズレンとは厳密には別の原料になります。

こちらも旧指定成分。

 

粘膜につけないものであれば0.1%まで、

粘膜につけるものであれば0.01%まで配合が可能です。

 

こっちだと、紫色になるみたいです。

 

グアイアズレンは青色です。

冬場は固まってしまいますが、夏場は溶けるみたいで、

液体を確認したところ、まるで絵の具のようです。

 

手につくと真っ青になります。

なんか、青色何号とかいうのと変わらんレベルで色がでます。

 

写真は白いクリームにほんの僅か入れただけですが、

ご覧のように青い色のクリームになっちゃいました。

添加量は0.01%以下だと思います(笑)

 

 

で、この原料、超扱い辛いということがわかりました。

まず、融点が30℃ちょいなので、気温が30℃きるような季節になると

固形になってしまうこと。

いざ使おうと思ったら、固まっとるやんけ!!ってなるわけです。

(湯煎で温めればいいんですが)

 

続いて、こいつ、水に全く溶けやがらないんです。

もうどうにもならんレベルで溶けません。

界面活性剤をぶち込んでも、なんとも。。。

 

先に油で溶かした後、乳化剤で乳化する必要があるみたい。

 

クリームは分散するみたいなので、問題はないです。

 

 

高い消炎作用があるみたいですが、

あの色をどうとらえるか・・・ですよね、使うかどうかは。

 

他にはない、独自性を出せる、

赤の次は青の時代が来る!

 

なんて考えれば、なくはないのかな?

 

いや、うちはやりませんが(笑)

使いどころが難しい原料です。

 

 

【関連記事】

グアイアズレン

 

 

<<<次                   前>>>