どうにもならんな

●●ブーム再来?!

某医薬部外品のハンドクリームをスキンケアに使うとよいらしいって話が

再ブームになっているそうな。

再ってことは、以前もあったってことか。

 

有効成分として、ビタミンE酢酸エステル 、グリチルレチン酸、dl-カンフル、グリセリンを使用。

ビタミンE酢酸エステル はビタミンE誘導体で血流改善効果があります。

グリチルレチン酸、dl-カンフルはともに消炎作用があります。

dl-カンフルにはかゆみ止め、鎮痛作用などもあります。

 

 

このハンドクリームの特徴的な黄色はビタミンB2由来の色になります。

 

医薬部外品のハンドクリームなので、手荒れには確かな効果があります。

ハンドクリームなのですが、ちょっと前に「パックにして使うといい」という

話がでてきて、ネットを中心にちょっとしたブームになりました。

 

結構なロングセラー商品なので、そういった話は定期的にでているのかもしれません。

そこにメーカーの意図があるのかないのかはわかりませんが。

まあ、これだけのロングセラー商品ともなると、

自発的にこういった話がでてくるようになるのかもしれませんね。

 

で、やり方は

洗顔後にこのクリームをたっぷり塗って10分ほどパックしたあと、洗い流す。

以上です。

 

お風呂上りにやるとさらに効果的。

お湯で簡単に落ちるのでふき取ったりする必要はありません。
その後にいつも通りのスキンケアをするだけで、化粧水などの浸透もよくなるそうな。
乾燥が気になるときだけでなく、ニキビにも効果的なんだとか。

 

注意点は医薬部外品なので、常用はオススメできません。

ここぞというときのスペシャルケア的な位置づけにしておいてください。

角質を落とすというピーリング効果もあるそうなので、そういう意味でも

常用は厳禁だといえます。

 

また、通常のクリームとして顔に普通に使うのは止めたほうがよいです。

あくまでハンドクリームですから・・・

 

 

顔はまあ別として、肘、膝のカサカサ、足のかかとなどに使っても

抜群に効果があるそうです。

 

噂ではバストアップ効果もあるとかないとか・・・

(血流改善効果があるからだそうな)

 

 

ドラッグストアには必ず置いてあると思います。

 

 

【関連記事】

<<<前                             次>>>