オールインワンの落としどころ

カタログが届きました

春は色々と肌が不安定になる時です。

また、新作も多くでる季節とあって、

新しいものに手が出やすい時期でもあります。

 

そのためか、かなり立派なカタログ本がドクターシーラボより届きました。

もう情報誌ですね、完全に。

コンビニの雑誌の棚に並んでてもおかしくないクオリティです。

 

まあ、無料のお試ししか使ってないので、

見込み客すべてに送っているのでしょう。

うーん、凄いな・・・

 

まあ、DMとしては異常に金がかかっているわけですが、

それ以上に驚いたのが商品数の多いこと!

 

ドクターシーラボといえば、元祖オールインワンであり、

オールインワンという新しいジャンルを作った会社です。

 

色々ゴチャゴチャ使う必要がないから時短にもなるし、

1つでいいからコスパもよいってのが最初の趣旨だったと思いますが・・・

 

なぜ、こうなった?

 

 

これは色々考えさせられる問題です。

化粧品業界への参入はオールインワンは非常に入りやすいアイテムです。

1個でいいので、とりあえず作って、すぐに販売できます。

これをラインでやろうとすると、結構資金も必要になりますし、

アイテムの数だけ営業が必要になります。

 

ただ、それ単体で商売をしていくのは非常にしんどいので、

たいていどこもラインナップが増えていきます。

 

まあ、普通は洗顔剤、クレンジング、UVくらいは機能が被らないので、

その辺から増えていくのかな?

 

最終的には「これだけでいい!」と言っておきながら、

化粧水や美容液を販売することになるのでしょうが、

そこには抵抗が生まれてこないのかな?

一貫性がなくなってくると思っていたのですが、

 

ドクターシーラボ見てると、そうでもないのかな・・・

なんて思えてきます。(実際は知りませんが)

 

どうも「これだけじゃダメだ」というのを、暗に自分からいっているようなもんじゃないですか?

「これだけでOK!」というメインコンセプトを否定しているのに、

問題ないってわけにはいかないと思うのです。

まあ、何らかの一線を越えることにはなるんでないの?とね。

 

  

オールインワンを極めていったら、今とは違う形のドクターシーラボになっていたかもしれません。

多様化したことにより現状よりも、よかったのかどうかは今となってはわからないことですが。

 

逆にいえば、オールインワンだけを極めていけば、

現状3強といわれるオールインワン市場を打破することができるのかもしれませんね~(やらないけど)

 

ちなみに3強は、ドクターシーラボ、新日本製薬、ティーエイジェント(メディプライスゲルのとこね)です。

<<<前                       次>>>