イソプロピルメチルフェノール

殺菌防腐防カビ剤 ビオゾール

防腐剤の攻防はパラベンを中心に、今もなお行われています。

天然系の防腐剤が一昔前に流行ったわけですが、

安定性が悪いだとか、むしろアレルギーが起きやすいとの問題があり、

下火となってきてはいます。

(まあ、得意な加工先とそうでない加工先があるってだけですけどね)

 

うちもパラベンはNGなんですけど、

ぶっちゃけ、フェノキシエタノールは多くの原料で使われているので、

今更新しい防腐剤にしようとする気はないんですが・・・

 

新しい防腐剤は気になる存在です。

 

イソプロピルメチルフェノール 商品名はビオゾール。

 

元々、家庭用のハンドソープなどで使われている殺菌剤です。

抗ニキビ薬やシャンプー、歯磨き粉なんかにも使われています。

 

今までは医薬品、医薬部外品でないと使用できなかったのですが、

化粧品にも使用可能になったという原料。

 

従来の防腐剤は静菌作用といって、菌の増殖を抑えるものであるのに対し、

イソプロピルメチルフェノールは殺菌作用、つまり菌を殺す力があります。

かなりの殺菌力で、高濃度の場合は刺激性が高く、中毒性もあるとか。

 

一応、現行の商品ではアレルギー等は確認されていませんが、

あくまで洗い流すものでしたので、スキンケア商品に使った場合は未知数ではあります。

 

とはいえ、使用濃度は非常に低濃度で作用し、

パラベンの約10倍の防腐作用を示しています。

つまり、使用濃度はパラベン以下。

 

0.01%の濃度で十分効果を発揮します。

水虫の原因の白癬菌だって、この濃度で増えることができなくなります。

もちろん、この濃度では低刺激性、非感作性が確認されており、

ヒトへの安全性は確認されています。

 

 

低濃度で扱えるので、パラベンはほかのどの防腐剤よりも優れている・・・

みたいなことを言う人は、割と業界内では多いです。

いわゆるパラベン使用の正当性を主張する人たちです。

 

だったら、さらに低濃度で使えるイソプロピルメチルフェノールは

さらに安全性が高く、今後使用が増えてくる・・・

 

ことはないです(笑)

 

ぶっちゃけ、パラベンの正当性を主張しなければならないのは、

他の防腐剤が使えない、正確には在庫をストックしていない、

安全性、安定性を確認できていない(使ったことないから)という

加工先の諸事情によるものだからです。

 

逆にパラベンは使えないって加工先も増えてきてはいますけどね。

新しい加工先だと、パラベンを使ったことがないってことで、

むしろ在庫もなく、安全性、安定性を確認していないので不安で使えないってわけ。

 

また、殺菌作用ってことで、肌の常在菌の菌叢を荒らすとかいう

輩もでてくることは火を見るより明らかですしね。

 

ちなみに、イソプロピルメチルフェノールは水に溶けないので、

化粧水に入れる場合は特殊な加工を施された10%品を使うことになります。

 

抗酸化作用、紫外線吸収作用、収れん作用などもあり、

優れた原料ではあるのですが・・・

 

ちなみにロットは18kg、少量でいいのにちょっとデカいかな~

 

 

【関連記事】

<<<前                     次>>>