本気出してない?

全開全力で作ってない?

ちょっとした疑問ではあるのですが、

原料レベルでは、かなり良い結果がでているわけです。

原料メーカー推奨量をいれれば、誰が作っても、

ちゃんと結果がでるようなものができそうなものです。


さてさて、現実はどうでしょ?

なんか不思議だと思いません?


その原因の1つは、原料メーカーのデータが怪しいという可能性。

原料メーカーはその原料を売らなきゃいけないわけです。

折角取ったデータが、その原料のしょぼさを証明してしまっては大問題。

ですから、可能な限り、凄そうに見えるように努力をするわけです。

ねつ造まではないとしても、比較するものを工夫したり、

数値を変えたり、実験系を変えたりして、なんとかしようとするわけです。


ですから、化粧品メーカーはちゃんと入れているにもかかわらず、

結果がついてこない・・・ということは、なくはないと思います。



ですが、ちゃんと入れていない・・・

と考える方がしっくりきますよね。


本来であれば、主成分くらいは推奨量入れているべきです。

たとえばセラミド商品を謳うのであれば、最低0.05%入れるべきです。

一応、結果のでる量ということですからね。


ですが、むしろ、敢えて入れていない・・・そうです。

正直、納得いかない話ではなりますが・・・


内々の雑談での話なので、

すべてそうであるというわけではないです。

まあ、そんなこともあるかもね、という程度にとらえておいて欲しい話です。



ちゃんと入れて、効くと困る理由が3つあるそうです。


①効きすぎると、次の商品に移ってしまう

理由としては、長く使って欲しいので、短期間で効果がでてしまうと、

客離れ場が早いので、長く使って、はじめて効果がでるようにしているんだとか。

悩みが解決してしまうと、別の商品に移ってしまうんだとか。


効かなさ過ぎてもダメだし、効きすぎてもダメなんだそうな。


②ラインで最大値になるようになっている

一般的に化粧品はライン使いをするようになっており、

どこもライン使いを推奨しています。

そのため、ラインで使って、推奨量を満たせばよいという考えですね。

コストを抑えて、効果をだし、売上も上げるというわけです。


③上のラインに移行してほしい

1つのメーカーに複数のラインが用意されており、

上にいくほど高価になっていきます。

できるだけ、上のラインに移って欲しいわけですから、

下のラインで本気を出す必要はないというわけです。

 

 

この話を聞いたとき、なんとありそうだな~と思ってしまいました。

長く商売していくためにはね。

 

まあ、零細にはそんな先の事考えて商品なんて作れないわけで、

そもそも、ラインなんて1つ作るのが精いっぱい、

ラインをトータルで何て見ることなんてできないし、

効果を調整する余裕もないわけで、常に全力ですわ。

 

きっと、大手が本気出していないから、

うちら零細もなんとか生きていけるんだろうな~

なんて思ったりしたわけであります。

 

 

【関連記事】

化粧品の原価

 

<<<前             次>>>