セラミドが少ないと片頭痛に?

その片頭痛、セラミドが原因かも

米国ジョンズ・ホプキンス大学の研究者が、

神経分野の国際誌であるニューロロジー誌オンライン版に2015年9月9日に報告。


セラミドが少ないと片頭痛になるそうな。


さてさて、ここで散々いっているセラミドはお肌の話ですが、

セラミドは全身に存在しているわけです。

なんと血中にも存在しているのです!


通常、10000ng/mlくらい血中にあるのに対し、片頭痛持ちの人は半分くらいしか

セラミドが血中にないそうです。


逆にスフィンゴミエリンの濃度が増えると、片頭痛になるのだとか。


メカニズムはよくわからんです。

セラミドが少ないから片頭痛になるのか、

片頭痛の結果、セラミドが少なくなるのか・・・


ただ、血液検査をすることで片頭痛持ちかどうか判断できるとのこと。



うーん、セラミドを取れば、あの不愉快な頭痛に悩まされなくて済むのかな?


セラミドは動物、植物に多く含まれているので、

食事から摂取することはできますが、その利用率は1%程度といわれます。

一方、サプリメントでは利用率が高く、非常に有効だといわれます。


問題はセラミドとして吸収されるのではなく、

スフィンゴミエリンと脂肪酸に分解されたものが血中を移動するんですよね・・・


セラミドを取れば、セラミド合成が促進され、結果として肌のセラミドが増える

ことは確認されていますが、血中のセラミドはどうなんでしょう?


血液中のセラミドと肌のセラミドには相関があるとかで、

皮膚機能の判定に血液検査を利用するということができるみたいなので、

血中のセラミドにも影響するのかな?


あとは動脈硬化にもセラミドが関わっているとのことで、

血中コレステロール量とセラミド濃度は相関しているそうな。


血中コレステロールを上げれば、それと同時にセラミド濃度も上がるので、

それも1つの手なのか・・・

まあ、それで動脈硬化を進行させるのは問題か。



体内中でのセラミドの役割は多岐にわたっており、

セラミドを中心とした様々な系が存在しており、

正直、よくわからんです。


一番知りたいのは、セラミドを摂取すること片頭痛が治るかってことなんですが、

そこまで踏み込んだ話は今のところないみたい。


うーん、検証してみるか~



【関連記事】

セラミドパラドックス

炎症性腸疾患にセラミドがよいらしい



コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    りこ (火曜日, 29 9月 2015 22:27)

    記事に関係なくてすみません。今日、知り合いに水素水(500mlで3万)を薦められました。水に数滴いれて飲むとデトックスになり、コラーゲンを増やす作用もあり、化粧品に1滴いれて使うと浸透率が良くなるとか、他にも良いことばかりでした。ドイツでは医療機関も使用してるとか?本当?眉唾?ケイ素について何かご存知ですか?

  • #2

    森崎 (火曜日, 29 9月 2015 23:11)

    コメントありがとうございます。
    ネットワークビジネスですね。
    悪い物ではないですが、原価からするとありえないっす。
    心当たりがあるのは3社くらいですが、どれもオススメはできません。
    りこさんがネットワークビジネスをしたいというのであれば止めませんが。
    ドイツの話は、還元水を医療の現場で使っているという話は聞いたことあります。
    数滴入れて使うとかはちょっとイミフです。
    1日1本くらい摂取すれば効果はあるかもです。

    ケイ素は人の体にも微量ですが、必要な成分です。
    最近、化粧品原料の登録をしたので興味があるのですが、
    かなり怪しく見えてしまうので手が出せていません。悪い物ではないと思うのですがね。

  • #3

    りこ (水曜日, 30 9月 2015 08:53)

    回答ありがとうございます。なるほど〜微量な元素で食品からもとれるそうですしね。
    薦められた物の会社は,沖縄の(株)す○い21です。他社よりも2倍濃いとかです。(○=か)
    サンプルをもらったので、化粧品に混ぜてみようと思ってましたけど......
    数滴ではイミフなんですね(-_-;
    ネットワークビジネスも、次々に色んなネタで出てくるんですね、むろんやる気は全然ありませんので〜

  • #4

    森崎 (水曜日, 30 9月 2015 09:26)

    水素水ではなくumoですか。その会社は知りませんでした。
    APAの方がこちらでは有名ですかね。
    水素水でなくて、umoでしたら数滴云々は理解できました。
    確か1日の摂取量は50滴程度だったと思われます。
    また、化粧品にまぜるなら10%くらいだったと記憶しています。

  • #5

    りこ (木曜日, 01 10月 2015 15:22)

    何度もすみせん、最初のコメの時、ケイ素と書いたつもりが水素になってました。ケイ素なら、飲んだり、化粧品に混ぜたりして、何らかの効果があるかも?って事ですね。

  • #6

    森崎 (木曜日, 01 10月 2015 18:42)

    水素水はそれなりの量取る必要がありますが、ケイ素は正直よくわかりません。
    何かしらの効果はあるとは思います。