血液型とスフィンゴ糖脂質

スフィンゴ糖脂質とはセラミドに糖がくっ付いたもの

血液型

細胞膜を構成する成分の1つに、スフィンゴ糖脂質が存在します。

スフィンゴ糖脂質というのは、セラミド構造に糖がくっ付いたものです。

糖の種類はグルコース、マンノース、ガラクトース、NアセチルDグルコサミン、

NアセチルDガラクトサミン、キシロース、シアル酸、グルクロン酸、イズロン酸、

フコースなどがあり、その組み合わせにより成り立ち、

 

数百種類と非常に多岐にわたります。

 

糖が1つくっ付いたものがセレブロシド。

グルコシルセラミドはセラミドにグルコースがくっ付いたもので、

植物セラミドとも呼ばれます。

 

このスフィンゴ糖脂質の種類によって、

血液型が決められています。

 

血液を構成している赤血球は酸素を運ぶ細胞ですが、

この赤血球の細胞膜を構成しているスフィンゴ糖脂質の違いが

血液型として現れます。

 

O型はNアセチルグルコサミン+ガラクトース+フコース

A型はそれにガラクトースが1つ余分に

B型はNアセチルDガラクトサミンが1つ余分についています。

AB型がそれらが混在しています。

 

血液型占いというのは、この僅かな差で、

A型は几帳面だとか、O型は大雑把だとか、B型はマイペース

だとかいうわけですから、根拠がないといわれても

仕方がないわけです。

 

 

さて、それはそれとして、

細胞膜にグルコシルセラミドがあるなら、植物セラミドも

意味があるのではないか?と思われるかもしれません。

 

しかしながら、ヒトの皮膚は角質層があり、

細胞膜が表に直接でているわけではありません。

 

でてたら、あっという間に水分が蒸発して
干からびてしまいます。

 

逆に、植物セラミドを摂取することの意味は

当然あるというわけです。

細胞膜の素材となるわけですからね。

 

まあ、スフィンゴ糖脂質は細胞膜に存在しているので、

食事から割と摂取しやすいわけですがね。

 

1日目安は300~400mgだそうです。