形状復元ゲル

見た目はおもしろいけどね

形状復元ゲル

形状復元ゲル・・・

形状のインパクトはありますよね~

 

くちゃくちゃにしても、キレイにもとに戻る。

肌でも同じことが起こると期待しちゃいますよね。

 

お肌のシワをピンッと張ってくれそうな

イメージがあります。

(まあ、あくまでイメージですが)

 

容器を弾くと、プルプルします。

スーパーボールみたいな、

凄く弾みそうな感触です。

 

手にとると、モロモロなんですが、

手の体温で溶けます。

 

ちなみに上の写真は、形状サンプル。

美容成分一切入ってません(笑)

 

では、何が入っているか・・・?

詳しくは企業秘密ってやつですが、

基本的には増粘剤です。

 

増粘剤は何種類もあり、

それらの組み合わせで、

様々な状態を作ります。

 

ゼリー系は色々やりましたので、

増粘剤系は詳しいです。

あくまで食品の話ですけどね~

 

よく使われるのがキサンタンガム。

確か、キャッサバのデンプンから作る

多糖類だったと思います。

(ちょっち曖昧)

 

化粧品でも良く見かけます。

 

ペクチンは牛乳に混ぜると固まるので、

フルーチェ系のものに良く使われます。

思った以上に入っているんですよ、あれ。

これも多糖類ですねー

 

マンナンも使い勝手がよいですね。

こんにゃく由来の多糖類。

他との併用で、ゲルの強度を調整できます。

 

マニアックなところでいえば、

サイリウムとかフェヌグリークとかが

ゲル化します。

 

これらも多糖類ですね。

食物繊維ですわ。

 

身近なところでいえば、寒天とか片栗粉とかかな。

これも多糖類です。

 

多糖類は、結局ゲル化させるわけです。

化粧品では、ポリマーとかヒアルロン酸とか。

 

ヒアルロン酸でゲル化させるには、

高分子のヒアルロン酸を1%以上必要

になるので、現実的ではないです。

 

ちなみに、このゲルを使って、

シワ対策のゲルを作ろうとしましたが、

 

ナチュセラクリームと超相性が悪くて、

断念しました。

 

ぶっちゃけ、ポリマーを数種類組み合わせて

作るんです。高分子なので、本来は肌に

入らないのですが・・・

 

その後に、ナチュセラクリームを塗ると、

入っちゃうみたいなんですよ(汗)

 

肌がデコデコになります。

 

間違っても、ポリマーが多い

化粧品との併用はやめてくださいね~

 

余談ですけど、ヒアルロン酸高含有

ってのを作ったことあるんですよ。

 

なんと10%(笑)

 

あんまり濃いと、面白いことが起きます。

ヒアルロン酸が肌の水分吸っちゃうんですよ。

お肌パリパリになります。

 

1gで6リットルの水分を保水できるって話、

どこかで聞いたことありませんか?

 

それは伊達ではないですよ。