素肌セラミド配合【ナチュセラクリーム】Ver4.5  ここが変わりました


①基剤を大幅変更

乳化剤をセテス-25、ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸グリセリル(SE)、ステアリン酸PEG-10から

水添レシチンのみに変更しました。

従来の乳化剤は安全性が高くなっているので、水添レシチンに変えたからといって、劇的に安全性が高まった

というつもりはないです。ただ、現状では最も安全性の高い乳化剤の1つではあります。

 

また、水添レシチン自身にも保水性が高く、保湿剤としての機能もあります。

また、二重膜構造を形成するので、ナノ化にも使われます。そのため浸透性(角質層まで)に優れ、特に

細胞間脂質との親和性が高く、セラミドを届けるために非常に相性が良いです。

 

※セタノール、セテアレス-25はSkinmimics(セラミドプレミックス)原料由来ですので、

合成界面活性剤フリーではないです。

 

乳化剤の変更に伴い、基剤も変更しています。

PG、ステアリン酸、セテアリルアルコール、セレシンを使っていません。

理由は、あんまりゴチャゴチャ入れると乳化に支障がでるから。

あと、ミネラルオイルをマカデミア種子オイルに変更しています。

ミネラルオイルも安全性の高いオイルなのですが、鉱物油が嫌とのご意見があったので、

これを機に変更しました。

 

 

②美容成分を大幅追加

■クロクスクリサンツス根エキス(保湿成分)

クロッカスの球根から抽出したエキス。

成長因子の働きを活性化する働きがあります。

 

■マンダリンオレンジ果皮エキス(保湿成分)

オレンジの皮のエキスで、肌のキメを整え、透明感をだします。

 

■ハトムギ種子エキス(保湿成分)

流れをスムーズにするとともに、セラミド1の合成を活性化します。

 

■クダモノトケイソウ果実エキス(保湿成分)

顔の水分の流れをよくします。 

 

結局、どう変わったの?

浸透性(角質層までがマシ、より素早くセラミドを肌に届けます(当社比)

美容成分が増えました。当然、しっかり入れています。

 

 


素肌セラミド配合【ナチュセラクリーム】Ver3.77  ここが変わりました


①アシルセラミド(セラミド1、9)が600倍!※当社比

最も高価で、最も効果の高いセラミドといわれるアシルセラミド(セラミド1、セラミド9)の

配合量を大幅に増やしました。

アシルセラミドは他のセラミドよりも脂肪酸が圧倒的に長く、肌のバリア層を安定化させます。

②セラミド濃度が増えてます

セラミドの総濃度は0.431%と微増しています。

天然ヒト型セラミドのみでの限界値は0.3%でしたが、

合成セラミドと併用すること、アシルセラミドを増やすことで、

今までより高いセラミド配合量が可能になりました。

③サクラ花エキス(保湿)、コメペプチド(保湿剤)配合

お客様からの評価が非常に高い原料でもある、

サクラ花エキス(保湿)とコメペプチド(保湿剤)を配合しました。

サクラ花エキス(保湿)は使用感は保湿力が格段に上がるとの声をいただいています。

 

コメペプチド(保湿剤)はトリペプチド(アミノ酸が3個のタンパク質)になっており、

機能性に富んだ米由来のタンパク質です。

コラーゲンにアプローチできる1つの手段として配合しています。

結局、どう変わったの?

より早く、より高い実感を得られるようになりました(当社比)

ナチュセラクリームVer2.1にナチュセラ極を入れたのと同等とお考えいただければと思います。

 

※セラミドは保湿成分です


素肌セラミド配合【ナチュセラクリーム】Ver2.1   ここが変わりました


①化粧品1アイテム、丸々入ったようなものです

追加原料のヒマワリ種子油不けん化物(皮膚コンディショニング剤)、γ-オリザノール(製品の抗酸化性)

贅沢にぶっこみました。

 

元々、どちらも名脇役の原料ですが、ナチュセラクリーム(Ver2.1)には

主役レベルの配合をしています。

②セラミド力を大幅アップ(当社比)

【ヒマワリ種子油不けん化物】(皮膚コンディショニング剤)

特許技術で抽出された特殊なヒマワリ種子油。

アルカリで反応しない(不けん化)成分を通常のヒマワリ種子油の10倍以上含んでいます。


この成分はお肌自身のセラミド力を高めてくれることが分かっています。

 

素肌セラミドで直接セラミドを補うと共に、

自身のセラミド力を増やすことで、より高い実感をいただけるようになりました。

③角質細胞も潤す

【γ-オリザノール】(製品の抗酸化性)

コメに含まれるポリフェノールの一種。


フィラグリン