サプリ用のヨーグルト

粉末原料を摂取するのに最適なヨーグルト

サプリメントの効果なんて、結局は摂取量に依存するわけで、

ちゃんと摂取できれば、それなりの効果はあるものです。

ただ、いわゆる粒もの(打錠、ハードカプセル、ソフトカプセル)では

配合できる容量に限界があります。


ハードカプセルだと1号で250~300mg

ソフトカプセルだと150mg~200mg

打錠だと150mg~200mg


まあ、海外だと0号みたいな飲めるのか?

というでかいカプセルもありますが・・・


通常、1回で摂取する量は多くて6粒。

ハードカプセルMAX300mgとしても、1800mgという摂取量。

(まあ、クロレラみたいに1日10~20粒飲めってのもありますが)


さらに、何種類も飲むとなると、

そんなに飲めないわけです。



そこで合理的な方法は、原料で入手して、

原料を粉で摂取するという方法。

比較的低価格で、自分で取る量を調整できます。


その中で、一番合理的な食べ方が、ヨーグルトに混ぜることです。


だから、そういうの専用のヨーグルトがあったらいいのにな~

なんて思ってみわけであります。

サプリの原料を取るための専用のヨーグルト。


まあ、普通の人が原料を調達するって発想はあんまりないから、

たぶん売れないとは思いますが、個人的には欲しいなーなんてね。



既存の商品の中では、そういう使い方ができるヨーグルトとして、

最適というか、No.1と言ってもいいヨーグルトをご紹介しておきましょう。


それが、この小岩井のヨーグルト♪


どちらかと言えばヨーグルト市場の参入が後発組になる小岩井が

市場に食い込むため、はじめて生乳100%でヨーグルトを作りました。

機能性の追求が盛んななか、味、舌触りなどにこだわった結果、

ヨーグルトメーカーを代表する1社になったわけであります。


味にこだわったといっても、

ちゃんとトクホをとった、機能性食品です。


使っている菌はビフィズス菌BB-12

酸に強く、活きて腸まで届くと言われています。


また、酸味をあまり出さないので、マイルドな味わいになります。



味に癖がなく、酸味が弱いので、色々混ぜてもちゃんとマスキングして、

原料の味と喧嘩しません。


また、なめらかな形状なため、粉を溶かしやすいというのも特徴。


コラーゲンやアミノ酸など、1日で5gくらいとらなければならない場合には

非常に重宝すると思います。


他のヨーグルトより、ちょっと高いですけどね。



【関連記事】

セラミド入りヨーグルト

自家製ヨーグルトの作り方

<<<前                  次>>>