コンディショナーは普通にシリコンはいっている?!!

あれ?コンディショナーもノンシリコンじゃないの?

ノンシリコンシャンプーが台頭してきて、

今やシャンプーにシリコンを使えないような雰囲気の昨今ではあります。

 

ノンシリコンシャンプーとセットで売られているコンディショナーも

当然、ノンシリコンだと思ってたんですよね。

 

そしたら、打ち合わせで「ノンシリコン」で作って欲しいと言ったら、

「え?コンディショナーにはだいたいシリコンはいってますよ?」

と言われてしまいました。

 

な、なんだと?!!

え?マジで?



とりあえず、ボタニカルシャンプーのやつを調べてみたら、

確かに入っている・・・

 

ジメチコン、ビスセテアリルアモジメチコン、アミノプロピルジメチコン

とった具合です。

色々調べたけど、確かに大体入っています。

 

あれ?みんな知ってる常識?



いや、別にいいんです。

シリコン自体、特に害があるとは思っていないし、

使ってもいいと思っているくらいです。

 

ただ、あれだけノンシリコンと騒がれていて、

ノンシリコンがいいと言いながら、

コンディショナーには使ってるのをよく容認できているなーと。

 

まあ、頭皮に触れるからシャンプーはシリコンを抜いて、

コンディショナーは髪だけの話なので、シリコンがあっても問題なし

というのは理解できますし、その通りなんだとは思いますが。。。


シリコンを使わない場合は、合成ポリマーを代用で使うことも可能だけど、

コストもあがるし、シリコンほどの仕上がりにはならないとのこと。

こだわってもいいけど、コンセプトとしては力の入れどこではないのでは?

とのことでした。


あと、シャンプー、特にアミノ酸系で作ろうとするなら、

防腐剤がものすごい問題になってくるんだとか。


フェノキシエタノール単体では防腐しきれないそうな。

パラベンを使わないという制約だと、防腐剤だけでコストが1.5倍になる

かもしれないと。


うへー、マジか~


お風呂場に繁殖している菌は、各家庭で違うらしく、

そのすべてに対応するには天然系では無理なんだとか。


湿気も凄いですし、周りは水ですからね・・・

一度繁殖しだしたら、手が付けられないそうです。


稀に腐るシャンプーというものがあるそうで、

天然の物しか・・・とこだわった結果、

ちょっと鼻につく酸味臭を放つのだとか。


まあ、シャンプーが腐るという概念がないので、

気づく人もほとんどいないらしのですが。


とまあ、そんな経験があるそうで、

防腐剤はそれなりのものを使わざる負えないそうな。


とはいえ、パラベン使えんしな~



【関連記事】

既存の商品に混ぜてみました

シャンプー、色々試してます

オススメのシャンプー


<<<前                    次>>>