スキンケアの意外なNG

意外だけど、やりがちなスキンケアNG集

①化粧水の浸透タイム

化粧水をつけた後、じっくり浸透するまで待っていませんか?

ぶっちゃけ、必要性ありません。

逆に、その間に水分が蒸発しているわけですから、むしろマイナス。

多少湿ってるくらいで、乳液、クリームを塗りましょう。


②毎日、酵素洗顔やピーリング

角質が蓄積してしまうと、肌がごわつき、透明感がなくなります。

また、化粧品の浸透も悪くなります。

そこで、この蓄積した角質を取り除くのは理にかなったことです。

しかし、角質層はわずか0.02mm。

毎日やったら、それこそ角質層がペラペラになっちゃいます。

月に1~2回程度で十分です。


③しっかりクレンジング

寝る前に念入りにクレンジングすると、肌に必要な成分、

主にセラミドが流出してしまいます。

メイクをしたまま寝るのは論外ですけどね。

クレンジングは手早く。1分以内に終わらせるのがベスト。


④スプレー化粧水

乾燥予防として、スプレー化粧水を愛用している人も多いかもですが、

残念ながら、保湿するどころか乾燥を招いてしまうかも。

水分を足した後は蓋をするのが基本です。


⑤まつ育

まつ毛用美容液は根本に塗る必要はありません。

毛生え薬と同じようなイメージがありますが、

残念ながらまつ毛美容液に育毛効果はなく、

まつ毛にハリ、コシ、ツヤを与えるものです。

生え際につけると思わぬトラブルの原因になりますので注意を。


⑥日焼け後に美白ケア

日焼けしてしまい、赤くなってしまったら、

慌てて美白美容液など塗ったりしてませんか?

美白成分のほとんどはメラニン合成を抑制するもの。

日焼けを予防して、ターンオーバーで肌が生まれ変わるのを待つだけなんです。

日焼けした後に塗っても効果はありません。

それどころか、日焼けは炎症なのですから、そこに美白成分は

刺激が強すぎて、炎症を悪化させる可能性すらあります。

焼けてしまったら、できるだけ弄らず、冷やしましょう。


⑦化粧水の種類

化粧水には大きく分けて3種類あります。

1.余分な角質を落とし、浸透をよくする導入型

2.潤いを補うもの

3.過剰な皮脂を抑え、毛穴を引き締めるもの


全部化粧水の形状をしていますが、使い方を間違えると大変なことに。

まず、導入型をふつうの化粧水と同じように使っていたら、

毎日ピーリングしているのと同じことになります。

また、引締め効果のある化粧水は乾燥肌の人にとっては

余計に乾燥を助長させます。

一度、ご自身の化粧水はちゃんと保湿目的のものか、

確認してみましょう。


⑧思春期ニキビ薬を使う

大人になってもできるニキビを大人ニキビ。

これは思春期にできるニキビとは別物です。

思春期ニキビは過剰な皮脂の詰まりが主な原因。

殺菌と同時に肌を柔らかくして、毛穴つまりを取れやすくする

ことで改善させます。

ただ、大人ニキビは原因は様々。

下手をすると、悪化の原因にすらなるので注意を。


⑨手のひらに伸ばして塗る

一度手のひらで伸ばして塗ってませんか?

実はこれ、手のひらに4割近く残ってしまうそうです。

半分近くロスしてるってこと。ちょっと勿体ないですよね。

塗る時は指を使いましょう。