テロメラーゼ配合化粧品登場

テロメアを伸ばすことで、細胞の寿命を伸ばす

テロメアを伸ばす酵素を配合した化粧品だと?!


といっても、普通は「?」って感じだと思われますので、

順をおって説明していきましょう。


細胞は分裂できる回数が決められています。

その分裂の限界を決めているのがテロメアと呼ばれるもの。


このテロメアは染色体の先に存在する遺伝子の反復配列になります。

染色体とは遺伝情報であるDNAをコンパクトにまとめた物です。


で、細胞分裂の際、染色体を複製するわけですが、

その際に、テロメアが短くなって複製されます。

つまり、分裂ごとにテロメアが短くなるわけです。


喩えるなら、テロメアは回数券みたいなもので、

その回数券が無くなれば分裂できないというわけです。


この分裂の限界をヘイフリック限界といい、

テロメアの限界がくると、細胞老化という状況になり、

分裂をしなくなります。


分裂をしない=新しい細胞が生まれないということです。


「死」をプログラムされているわけなんですよ、細胞レベルでもね。



ただ、このテロメアを修復する酵素も存在しており、

細胞の寿命が延びることも分かっていました。

その酵素の名前をテロメラーゼといいます。


発見当初は、このテロメラーゼを活性化することで、

不老不死が実現するのでは・・・と大いに沸いたわけですが、

話はそう簡単にはいかないわけです。


このテロメラーゼが最も活性化している状況が

ガン細胞であり、ガン細胞は不死性をもっており、

限りなく増殖し続けます。


ガン細胞を標的として、テロメアーゼ抑制や、

テロメアーゼが存在する細胞のみを攻撃する薬の

開発も進んでいるくらいです。

(通常の細胞はテロメラーゼは不活性化しています)


確かにテロメラーゼで細胞組織の若返りを起こすデータは

沢山ありますが、ガン化の懸念がある以上、慎重にならざる

負えないわけです。


そんな中、「ヒトテロメラーゼ」を最初に発見したという

ウィリアム・アンドリュース博士が、テロメラーゼという酵素を配合した

化粧品を世界で初めて製品化・発売すると発表しました。


http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201501_post_5602.html


テロメアーゼは900種類近く見つかっており、

その中でも最も活性が高く、安全なものである

TAM-818と呼ばれるテロメラーゼを使って商品化したそうです。


臨床試験の結果、シワの減少が確認さて、

副作用もリバウンドも一切なかったそうです。

臨床データ



日本での発売は4月頃とのこと。


発売元がウィリアム博士のスポンサーの会社なので、

まあ、原料が出回ることはなく、独占的に販売されることになるかな?


さてさて、いくらで販売してくるのかな~