フラーレン

高いとは思っていたけど、ここまで高いのか!!

フラーレン

フラーレンとは、炭素がサッカーボール状になっているもので、

高い抗酸化力を有しています。

ダイヤモンドと同じ炭素の同素体なので、

塗るダイヤモンドといってもいいかも。


効果はすべて抗酸化による活性酸素除去から派生するもの。

美白効果、シワ改善、バリア機能改善、育毛効果、ニキビ改善、毛穴改善

などなどのデータがでていますが、酸化の害を抑制した結果というわけです。

 

高い原料であることは重々承知だったのですが、

原液を10ml 3000円で販売しているところがあったので、

300,000円/kg以下だと予想していたのですが・・・

いや、容器代、充填費、粗利益を考えると、

100,000円/kgくらいかな~と。

 

まあ、よく見たら全成分に1,2-ヘキサンジオール

があるから、薄めてるみたいね。

 

トゥヴェールは10%配合で10ml 2100円で売ってます。

うーん、原価考えるとすげーな。

 

 

実際の原液の価格はなかなかたまげる見積もりでした。


フラーレンの原液はフラーレンそのものは0.03%配合されており、

有効摂取量は原液1%以上になります。

つまり、フラーレンとしては0.0003%で効果がでるというわけです。

3ppmってことですか。


まあ、フラーレンそのものは変化しない、

触媒的な抗酸化力です。プラチナとか金とかと一緒です。

ですから、ビタミンCとか、その他の抗酸化成分と違って、

存在する限り活性酸素を除去してくれるので、微量でも

効果があるのかもしれません。


ちなみに、フラーレンは溶けません。

炭素なんで、そりゃそうでしょう。


その為、原液はフラーレン1個、1個をPVP(ポリビニルピロリドン)で覆い、

水に溶けるようにしています。

なんか、サランラップにくるまれているような感じなので、

これで抗酸化作用とかの邪魔にならないのが不思議です。


油性原料はスクワランに分散させただけのもの。

使用するなら、こちらの方がベターかな?という気はしなくもないです。

こっちの方が2割くらい高いです。


フラーレンの研究データは、おそらく化粧品原料でトップクラス。

エビデンスがしっかりしているし、権威付けもバッチリです。

なんたって、ノーベル化学賞受賞してますから(1996)。


その分、お値段はパないです。

フラーレンそのものは、10億円/kg超えます(爆)

ふみゃ~って感じっす。

セラミド1が可愛く見えてくるな・・・


さてさて、このフラーレンのロゴマークがあるのですが、

こちらを使えるのは、フラーレン原液1%以上を配合する必要があります。

フラーレンロゴ

これを使用しているところは、

フラーレン原液が1%以上入っている証拠になりますので、

フラーレンの入ったもの使いたいって方はこのロゴを

目安にするとよいです。


うーん、試してみようと思ったけど、

入れるのはちょっと無理っぽい。


【関連記事】

フラーレンって何?


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    茉麻 (火曜日, 15 11月 2016 13:41)

    プラスレイさんの原液高くて使ったけどイマイチでしたが、原液は効果ないですか?やはり。
    記事かなり面白いです。

  • #2

    森崎 (火曜日, 15 11月 2016 15:44)

    コメントありがとうございます。
    他社商品についての記述を削除しているので、
    コメントは控えさせていただきます。