トマトシードオイル 取り寄せてみた

トマト種子油(トマトシードオイル)

トマト種子油

トマトシードオイル(トマト種子油)を頼んでみました。

石鹸に入る主要成分の1つですからね。

使って見ないわけにはいきません。


赤よりのオレンジ色をしていて、これはリコピンによる色になります。

臭いは「臭い」と評判でしたが、

セントジョーンズワート油に比べれば、全然楽勝です。

(確かに青臭い+油の臭いで、いい臭いではありません)


テクスチャーはちょっと重い感じ、

肌馴染みはスーッと浸透するわけではないですが、

ちゃんと浸透して、べたつき感はありません。


組成は

リノール酸 50% オレイン酸 20%  パルチミン酸 15% その他 15%


効果効能は、アンチエイジング。

抗シワ作用、抗ニキビ作用、シミ予防、毛穴ケア効果などなど。


リコピンの濃度は非常に微量でも作用することから、

一製造で使われる量も少量で、

100ml購入でも「多い」と言われてしまいました(笑)

いや、石鹸はもっと使うんですけど・・・


単体で使うよりは、色々組み合わせて使ったほうがよいとのことです。

石鹸は基本、オイルの組合せなので、そういう意味では相性がよいとか。



ちなみにリコピンですが、

抗酸化力はビタミンEの100倍だとか。

うーん、アスタキサンチンよりは弱いです。

(アスタキサンチンは1000倍といわれます)


トマトブームで、リコピンの需要は高いと思いきや、

リコピンを扱うメーカーは少ないです。

トマトから簡単に取れるものを、サプリメントにするメリットが

あんまりないんですよね。

原料価格も確か10万円/kgくらいして、

オイル原料なのでソフトカプセルしか使えないという理由で

使ったことはないです。


メラニン合成を抑制することから、

美白作用が売りになっています。


何を間違ったか、ダイエット作用(脂肪燃焼作用)が

あるとの情報がでまわりましたが、

リコピンにその作用はありません。


トマトに含まれる別の物質です。