風邪のときはホットポカリがいい!

アクエリアスじゃダメなんですよ(笑)

ポカリ

ここのところ、風邪でずっとしんどい状態が続いてます。

医者へ行ってないので、原因はわかりませんが、

ようやく落ち着いてきました。

 

さて、風邪を引いた時に欠かせないのが、

 

「ポカリスエット」

 

沢山水分を取って、

沢山水分を出すことで、

熱が下がってきます。

 

また、食事ができないときなどの

栄養補給にもなるので、

飲む点滴ともいえます。

 

さて、このときポカリは常温が基本ですが、

ポカリを温めてもよいです。

 

ポカリを温めることよいこと

①水は温めると吸収しやすくなる

水は0℃以上、100℃未満では液体ではありますが、

同じ液体でも水分子の結びつきは全然違います。

 

水はクラスターといって、水分子がいくつか団子になった

状態で存在しています。

この団子は、水の水素結合により成り立つ、非常に弱く、

柔軟性のある結合なのですが、温度が上がれば上がるほど、

この結合力は弱くなります。

 

簡単に言えば、団子が小さくなっていくわけです。

大きいものより、小さいもののほうが吸収されやすいのは水も同じなのです。

 

②溶かす力が上がります

冷たい水よりも、お湯のほうが沢山食塩を溶かせます。

同様に、温かいほうが、色々な物を溶かしこんでくれます。

 

悪いものを溶かし込んで、外に出す働きがあがりますので、

汗が出やすくなったり、トイレが近くなったりします。

 

 

③胃腸に優しい

胃腸風邪のときの、あの不快感が軽減されます。

多分、温かいお茶でも同じなんでしょうが、

カフェインは胃を荒らしますからね。

 

 

 

個人的な感想ではありますが、

常温のポカリよりも、温めたポカリのほうが、

水分代謝が促進されて、早く熱が下がるような気がします。

 

また、内臓が温まるからなのか、

悪寒みたいなものが治まります。

 

 

 

ホットポカリの作り方

マグカップに200ml、600W、1分30秒くらい。

60℃前後が理想なので、適度に調整してくださいな。

 

 

注意点

ポカリは糖分が凄く多い飲み物です。

常用するのは厳禁です。

 

また、温めたものはその場ですぐに飲んでしまいましょう。

ホットポカリが売られていないのは、長時間ホットの

状態を続けると、品質を維持できないというのが理由です。

 

 

 

誰でもすぐに思いつきそうなのですが、

意外にしている人はあまりいない、ホットポカリ。

 

昔は粉上の「ホットポー」という商品が売られていたみたいですが、

廃盤になるくらい、売れなかったみたいです。

 

本当は玉子酒が凄く温まるのですが、

そんなものイチイチ作ってらんない、

ってときに、ホットポカリ、非常に重宝すると思いますよ。