米ぬか発酵エキス

最近、米由来原料ばかりだな・・・

米ぬかには、美容成分の宝庫であるのは、

間違いない訳です。

 

白米は感じにすると粕(カス)ですが、

米に健康で糠(ヌカ)ですからね。

 

まあ、発酵させちゃってるので、

どうなっているかはわかりませんが・・・

 

米ぬかの成分としては、

イノシトール・・・神経伝達機能の正常化を保つ成分

汗と皮脂の量のバランスをとります。

 

γ-オリザノール・・・抗酸化成分であると同時に、

天然保湿因子を増やす作用があります。

 

ギャバ・・・抗ストレス成分として有名ですが、

オーバーターンにも関与しているといわれます。

 

各種ビタミン・・・ビタミンB群を特に豊富に含んでいます。

ナイアシンも豊富でセラミド合成を促進します。

 

などなど・・・

 

 

米ぬかパックがあるくらいですが、

これを乳酸菌で発酵させたものが、

米ぬか発酵エキスなわけです。

 

糠漬けの状態と同じですね。

 

ほのかに糠漬けの香りがします(笑)

 

効果としては、徹底的に表皮のみにフォーカスしたもの。

それ以外の効果はおまけであり、肌のバリア機能を回復

させるものであると言わんばかりの効果効能が並びます。

 

①古い角質の除去

本来は排泄されたはずの角質を、

はぎ落とす作用があります。

脱離酵素の働きを助けるためであるそうです。

 

②天然保湿因子の補充

天然保湿因子そのものを多く含むとともに、

角質細胞に天然保湿因子を増やす作用もあります。

 

③皮脂の調整

皮脂の分泌を調整することで、乾燥肌の人は

皮脂の分泌を促し、脂性肌の人は分泌を抑えます。

 

④オーバーターンの正常化

未熟なままの角層を出さないように、

不全角化を防ぐ作用があります。

バリア性の弱い角層にならないようにします。

 

⑤セラミド合成促成

セラミドを増やす作用があります。

 

⑥浸透性の付加

角層へのなじみは半端ないです。

 

⑦肌の菌環境を正常化

我々の肌でも見えない住人と共生しているのです。

丈夫な肌、キレイな肌も彼らの協力なしにしては

ありえません。

 

結論をいえば、

ナチュセラクリームとの相性がぱないです。

 

まだまだ進化できそうですぞ♪