夏こそモロヘイヤ♪

クレオパトラが愛した野菜 モロヘイヤ

モロヘイヤ

懐かしい・・・というのが本音かも。

モロヘイヤ。

 

確か、私が中学くらいのときに、

テレビでやってたのを母が見て、

食卓にならんだような・・・

 

熱しやすく、冷めやすいので、

1回買って、二度と姿を現すことは

ありませんでしたが。

 

どんな薬を飲んでも治らなかった王様の難病が

モロヘイヤのスープを飲んだら治ったという話があり、

それ以来、モロヘイヤをアラビア語で「王様の野菜」

と呼ぶようになったのがモロヘイヤの語源だそうで

 

また、モロヘイヤは、クレオパトラが好んで

食べてたのは有名な話ですね。

 

美容の秘訣だとかで。

 

誰が言い出したか知らないですが、

世界三大美人で、クレオパトラ、楊貴妃、小野小町

といわれますが、

 

クレオパトラが使ってたとか、

楊貴妃が使ってたとか、

のキャッチコピーはあるのですが、

 

小野小町が・・・って話を聞いたことがない。

 

えっ?すっぽん?

ないない(笑)

 

さて、話が逸れましたが

(大体いつもそれてますけど)

 

モロヘイヤの旬は夏であり、

青菜が少ない夏場では重宝する野菜です。

 

栄養学的には、βカロチンやカルシウムが豊富。

その他のビタミン類もバランスよく含まれます。

 

また、クロロゲン酸、ケルセチン、などの

ポリフェノールも豊富で高い抗酸化力があるとか。

 

また、ネバネバ成分のムチンは、

タンパク質の消化を促すと共に、

胃に膜をはり、胃の保護をしてくれます。

 

消化不良、食欲不振など、

夏バテ予防にはもってこいの食材です。

 

オススメの食べ方は、

包丁で細かく叩いて、

ネバネバにして、とろろ、納豆、オクラに混ぜて、

醤油で味付けして、ごはんにぶっかける

ネバネバ丼(笑)

 

食欲がないとき、面倒なとき、

そうめんを食べる良いですよ。

 

超簡単で、超健康的♪