セラミドは食べても無駄?そんな馬鹿な・・・

ヒトの体は食べ物からできているのです。

セラミドは食べても無駄・・・

そう主張する人は意外に多いです。

 

かの吉木伸子先生も、

セラミドは食べても無駄であると主張しています。

 

しかし、本当にセラミドは食べても無駄なんでしょうか?

 

根本的な話をします

 

我々の体はすべて食べ物からできています。

あなたを構築しているすべての物は、

本をただせば、食べ物になります。

 

「私は光合成ができます」とか「窒素合成できます」

という人はいないはずです。

 

我々は食物連鎖の中に組み込まれた存在なのです。

 

セラミドは食べても意味がない?

では、そのセラミドはどこからきたのでしょう?

 

ということで、食べ物からセラミドが補えない

というのは非常にナンセンスな主張であるといえます。

 

実際、我々はセラミドの素となるスフィンゴ脂質を、

様々な食べ物からとっています。

 

1日50mg~200mgは摂取していると言われます。

 

また、サプリメントとしてのセラミドは、

科学的に効果が証明されています。

 

ミルクセラミドの肌への移行を確認

セラミドの体内での消化吸収

セラミドがトクホになる日

 

また、実際に色々な商品に使いましたが、

データ通り、非常に実感してもらいやすい商品でした。

(売れる、売れないは別の話ですが)

 

しかしまあ、ここで1つ、疑問に思うことはなくはないわけです。

(非常に歯切れの悪い言い方をしてみたり)

 

どういうことかというと、

若いころは、今までの食事でセラミドが十分補えていたわけです。

セラミドは20代を境に減り始まます。

 

ではなぜ、足りなくなる?

 

原因は

代謝が悪くなる⇒肌のオーバーターンが遅れる⇒セラミドへの変換が遅れる

⇒外からのダメージ

 

という形で減っていくわけです。

 

コラーゲンをとることで、コラーゲンになるわけでなく、

コラーゲンペプチドがコラーゲン合成を促進するのと

同じように、

 

セラミドを摂取することで、

セラミド合成の促進、代謝の改善が行われるのかもしれませんね。

 

もちろん、化粧品でセラミドは補えるので、

そっちの方が手っ取り早いわけですが、

 

全身のことを考えると、内側からもケアしたほうが

いいんでない?とは思います。