天然保湿因子(NMF)

天然保湿因子(NMF)について調べてみた

天然保湿因子(NMF)って保湿成分で

あることは分っているのですが、

どうもつかみどころがなく、曖昧なまま

今日まで過ごしてきましたが、

 

今日はちょっと深く調べてみました。

 

天然保湿因子(NMF)は、角質細胞に存在している、

保湿成分ってことらしい。

 

セラミドが細胞間脂質ということで、

角質細胞の間にあるのに対し、

NMFは角質の中にあるというわけです。

成分 NMFに占める割合(%)
アミノ酸 40.0%
PCA(ピロリドンカルボン酸) 12.0%
乳酸塩 12.0%
尿素 7.0%
NH3、尿酸、グルコミサン、クレアチン 1.5%
クエン酸 0.5%
Na+ 5.0%
K+ 4.0%
Ca2+ 6.0%
Mg2+、PO2-、Cl-、糖、有機酸、ペプチド、その他 8.5%

 

ほとんどがアミノ酸ですが、

PCAにナトリウムが結合したPCA-Naや、

乳酸にナトリウムが結合した乳酸Naなどが

天然保湿因子として、保湿成分として化粧品

原料として使われます。

(ナトリウムに保湿作用があるからだ、とも言われています)

 

 

角質細胞になる、角化の過程で作られるので、

角化の工程が上手くいっていない場合は、

肌の保湿が出来ず、乾燥肌になってしまうとか。

 

この天然保湿因子が減る原因ですが、

・細胞間脂質の脆弱化によるダメージ

・オーバーターンの乱れ

が主たる原因のようです。

 

さて、この天然保湿因子、

塗っても効果があるのかないのか、

というところなのですが、

 

尿素などの効果は証明されていますし、

ペプチドが入っていくので、アミノ酸も

入っていくだろうことは容易に想像できます。

 

天然保湿因子の不足が及ぼす影響に関しては

様々なデータが出ているのですが、

 

塗布した時のデータがちょっと見当たらないです。

 

オーバーターンの改善のほうが、

効果はあるのではないか?

 

というのは個人的な感想です。